all world harmony


カテゴリ:相談事と書いて気晴らし( 116 )



自己治癒力と西洋医学

私と彼の出会いのきっかけは,
同じ格闘技をしていることですが.
下っ端の私とはもちろーん,比べ物にならないほど
彼はうまいです.すでに4年半経ってるし,
黒帯だし(私はまだ7級,とほほ)

スポーツ心理学を教えていて,判ったことのひとつに
「同じ競技を続けていると,ある特定部位の損傷を
引き起こす可能性があるので,できるだけ複数の競技を
組み合わせたりするのがよい」のだそうです.
(あ,話それた・・・・.日本ではひとつの競技を長く続けるほうが
アスリートにつながるとおもわれがちで,子どものころから
厳しい練習をすると一流になれると考えがちですが,
実はそうではないことが,スポーツ科学の研究からわかってます)

初めて半年の私もそうですが,やっぱり同じ部位を動かすことが多いし,
格闘技なんで,怪我も多いです.
で,彼の場合は,ひざ.4年やってるし,昔からの古傷で,
状態がここのところ悪化の一途をたどってます.
もうにっちもさっちも行かない状況になってきて
今日病院に行った彼の診断は,「半月板損傷」
手術をするか,薬剤を注入するかの選択を提示されたそうな.

実際のところ,手術をしたくないし,薬剤もいれたくないというのが
彼の本音.で,どうしたらいいんだろうって迷ってます.
セカンドオピニオンをとることを薦めますが,病院も含めて
民間療法も考える必要があるかもしれないですね.
私は気功整体を習っていたことがあって,できるのですが
私の整体技術では,彼のひざを直してあげることはできません.
半年実践から離れてるし,技術もまだ未熟なんで.
私が少しやってあげると,症状は軽くなるんですが.

東洋医学を学んで思ったことは,やっぱり人間には自然治癒力があって
そこを大切にいかす,と言う視点が西洋医学には欠けているのかもしれないなと
でも私はおもいっきり医学系大学院に所属してますから,
西洋医学を否定するわけじゃないですよ.
対処療法が中心の西洋医学では,その症状,病原を取り除く,と言うことに
主眼を置くので,どうしても切除になっちゃいがち.
切ったあとから,自己治癒力を求めることになるんだよなあ.

実はその病原が体のバランスを保っていることがあるので,
切除したためにバランスを崩して,その後悪化をたどる・・・ということも
あるわけです(そんな患者さんを沢山診てきました・・・)
念のため言っておきますが,私は手術が切るのが悪いって思ってないですよ~. 
できれば,自分のなかの直す力,エネルギーを出せるような
医学の融合があるといいなと,常々思ってます.
そんなお医者さんって沢山いると思いますけどね.
それにどんな療法を用いるにしても,リスクはあるわけで,
どっちかを盲目的に信じることは危険でしょう.

医学も進歩し,民間の療法もたくさんあります.
だから選択肢はたくさんあって,これしかないってのは
今の時代,ないのかもしれないですね.
ただ,大切なのは,自分で自分を癒す力.
直す力.予防する力.
病気になったらなったで,ちゃんと直しましょうと思うけれど
その前に日ごろから自分の体をしっかり大事にしたいなとも
思います.例え,今病気であっても,今調子が悪くても,
自分で自分の中の「力」を信じて,あきらめないでおきたい.
これしかできない,これがなくなるから,ではなくて.
今ある力と,眠っているだろう自分の力を.

病気になったら中々そうは思えなくて,不安になるし,
痛みはあるし,でそんな風にとても思えないのも事実.
でも医療が,療法が私を直すというよりも,
最終的には,私が私の身体と付き合い,受け入れて
やっていくのだと思います.

さて,私の彼はどうするんでしょうか.
とりあえず相談にのって,本人が一番望む,
納得するやり方を一緒に考えていければ良いなとおもいます.
そしてやつはしばらく練習禁止.
ちょっと眼をはなすと,すぐに練習したがって,
蹴りたがって,本当に困る(苦笑)
[PR]
by harmony0526 | 2005-03-01 17:24 | 相談事と書いて気晴らし


情報と遊び

このPCの調子の悪いこと.
さっきまで書いてたものがまた消えた・・・・.
えーん.仕切りなおしてって事で.

今日は少し社会的なこと.
ライブドアの堀江さんの話.
連日のように,ライブドアとフジのニッポン放送をめぐる
買収劇の報道がなされてますね.
私も新聞読んだり,ネットの報道を見たりしてます.
既存の壁を打ち破ろうとする,歴史上の人物でいうと
織田信長のような(ってこれ,堀江さんのお父さんが言ってました)
はたまたドンキホーテのような感じがして,
がんばれ~って気にもなったりするんだけど.

でも気になることが.
買収劇の顛末も気になるけれど,彼は「メディア」ってものを
どうしたいのだろう,どうつかっていきたいんだろう.
っておもってたら,以下のサイトでこんな記事みつけました.
「新聞・テレビを殺します」 ~ライブドアのメディア戦略


これをよんだら,少しホリエモンの考えていることの断片がみえたような.
それで,今日の新聞記事を色々読んでて,私が感じたこと.
堀江さんってすごい合理的で,シンプルで,余計なものを排除しながら
新しいものを作ろうとしてる人なんだろうな,って.
でもなあ,今日の記事の中でびっくりしたのは,「ライブドア」を高くで
買ってくれるところがあれば,売りますってところ(日刊スポーツ)
(ネットには乗ってなかったけれど,新聞には書いてあったと思います)
そして,フジのTOBにも金額によっては応じるっていう記事.
正直私は,えー!!って思っちゃった.

そしてもしニッポン放送の買収に成功したら,沢山番組を作って,
その中から人気の高い番組から残していくっていう発想.
うんうん,すごいわかりやすい.
ニーズに応じて,いらないものは無くしていこうっていう発想だな.
シンプルだなあ,合理的だなあ.
ライブドアでは,パソコンも自前,鉛筆一本買うにしても,
書類をかくらしい.徹底してますね.

でも私がライブドアの社員だったら,ちょっと考えますねえ.
とってもシンプルで判りやすく,業績がある人はどんどん採用してくれて
伸ばしてくれそうだし,がんばろうっておもえるだろう.
でもその会社の経営者がもし高くで買ってくれるんだったら
何時でも売っちゃいますよって言う人の元では,働きづらそう.
会社のコンセプトが,経営者のコンセプトが,利益さえあればという
理念しかなかったら・・・.
この会社が社会とどう関わって,なにを発信していきたいのかが
これだったら・・・・.うーん.

例えば,人気がある,ニーズがあるのを残していくという発想.
わかりやすくていいけれど,なんかこれって,危ない気がする.
情報こそ,わかりやすいのも,人気があるのもないのも,
ごちゃまぜにあるから,判らないことを知れたり,考えてなかったことを
考えさせられたりするとおもうので,わかりやすさだけ,
人気だけ,ってをメインに打ち出されると,違和感があるんだな.
まるで今の小泉政権みたいだ(言い過ぎ?)
そのうち,わかりやすさだけが先行して,難しいこと,
考えないといけないことはどんどんおいてかれちゃう.
無視されちゃわないかな.

人間っていやなことや,難しいこと,考えるとしんどいことは
目をつぶりたいし,見たくない.
だからわかりやすいことや,信じたいこと,
できるだけ考えずにすむことがあるなら,そうしたい.
考える人だけ考えてくれればってね.
ニーズがあって,合理的って,こんな要素を思いっきり含まないかな.
私はこれが,怖いんです.
もちろん,ホリエモンがニッポン放送を買収したからといって
いきなりそんなことにならないと思うし,
第一堀江さんはとても切れると思うので,もっと色々考えていると思う.

彼の考えている社会とか,理念ってなんか遊びがない気がする.
もちろん,経営に遊びになんていらなくて,利益がないとつぶれるわけだし
そんなのいらん,と言われればそうです.
私は会社経営なんてしたことがないので,判らないことだらけだし.
合理的ってすごいことだし,すばらしいことだとおもうけれど,
あんまりそれが前面にですぎると,頭で考えてることがすべてで
なんていうのかな,「幅」が狭い感じがする.
そこには人間の感情とかっていうのさえ,できれば合理的であろうよって
いわれてる気がして.
フジがやってるTOBにも金額次第では応じるなら,
ニッポン放送を買っても買わなくても,結局利益があるところに転ぶって事か~?

ってこれ,私のあくまでも感じたことで独断と偏見が大きいのかも.
人は情報を受け取るのにも限界があって,感情があるし.
身体があるし.その感覚が合理化のもとで,
分断されることはすごく生き方として厳しい気がする.
だから情報にはできるだけ,幅があってほしい,遊びがあってほしい.
人とのコミュニケートを彼はどのように考えているんだろう.
それを知ってみたい気がするなあ.
けれどこうやって色々考えさせてくれるホリエモン,感謝してます.
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-28 11:08 | 相談事と書いて気晴らし


不安と恋愛

こんなに一日にブログを何回も更新するのは久しぶりっすね.
ほとんど仕事がなくて,机にすわってぼーっとしてるから
書いてるわけですが.
時たまかかってくる電話を受けてます.

不安について.
これって常にどこにいてもあるんですよね.
特に私の場合,人間関係の部分がほーんと大きい.
自分の仕事やら,将来に関してはまあどうにかなるし,
切り開いていけるさって思うのに,
どうして人間関係だけは,少しこじれたりするとこんなにも
不安定になるんでしょうね.
不安のループが私を待っているわけです.
どうにかなるさ,って思えないのだ.

特に恋愛.もうこれほんとうやっかいです.
今の彼とは正直今までの中で状況的には厳しいのかもしれないけれど,
一番安定してて,ほっとしてます.
なんていうのかな,初めて人を愛するってこんなことなのかも,
って思ったりしてね(のろけじゃないですよ~)

今の私から,過去の恋愛を見てみると.
私は少しでも彼と気持ちが通じ合わなくなったって思うと
もうパニックでしたね.
気持ちを受け取ってもらえなかったりすると,すぐにダメになるかもって思う.
相手にかまってもらえないと,かまってもらいたいが為に
病気になったり,体調を崩したりするわけです.
もともと体は強くないんですが,しょっちゅう病気になりますね.

自分の存在価値を誰かに認めてもらうことにおいてるから,
誰かの行動や発言がすごーく気になる.
特に恋愛面で私は確認したかったんだろう.
いったん,私のことを大切にしてくれる,かまってくれる
ツールを見つけると,それをエンドレスで使ってしまう.
例えば,泣くと親がかまってくれるとわかると
うそ泣きをする子どもと一緒です.

使えば使うほど,関係は不安定になり,
そんな自分が嫌いになる.
そんな自分を肯定してもらうことでしか,自分を確認できなくなって
どんどんいやな自分,暗い自分をさらけだす.
こんな私を受け入れてくれる?丸ごと好きでいてくれる?
私が丸ごとを好きじゃないのに,相手に丸ごとうけいれてほしいって思う.
自分で受け入れけれない自分を,誰かに受け入れてもらうことが
「私がいてもいい」んだってことになるんだ.
でもその無限ループは,延々と続いて行く.
だって,私がずっと私自身の存在を不安に思ってるから,
その不安は,連鎖となって,相手にも伝わって行くもの.

今の私で,例えばタイムスリップして過去の恋愛に行ったら
どうなるのかな.
例えば一年前に戻ったら.同棲してたころに.
そしたら,多分すぐ荷物まとめて同棲解消ですね.
一緒にいなければ,だめだと思ってた.
いつでも不安だから一緒にいたかった.
一緒にいると忘れるから,私たちの関係の不安定さを.
欠けているピースをお互いに埋めようとしてる関係は
いつでも不安定.ひとつになろうとしているうちは,
どっちかが転んだら,共倒れ.
足りないところを補い合おうとする関係は,
いつでも満たされることはない.

関係って,合わせ鏡のようで,今の私を映しているよう.
自分で自分を嫌いな私を好きになってくれなんて無理.
穴があいてるバケツに,水を注いでも水はたまらない.
でも注がれているうちは穴があいてることは忘れる.
私が私のことを不安におもっているうちは,
いつもどの関係性でも映し出されるのは,不安.

今ならわかるんだけど.
まず私が私を愛してから,人を愛せるんだってこと.
あとは,誰かに気持ちをシェアしてもらえないと,本当にきつくて
すぐ病気になりますが,まず自分で自分の寂しさを捉えてから.
私も全然強くないので,受け取ってもらえないとへこみます.
すぐ不安になります.でも自分で自分を受け取ってないと
もっともっとそれが増してくる.

みんな不安で,みんなすこしづつ寂しくて.
そして,素直に私ってすぐ不安になっちゃうんだ,寂しいんだって
言えばよかったよ.
そして,そんな自分をとことん愛せばよかった.
そしたら,きっとうまくいってたなあ.なんてね.
ここまでくるのに,あのときの私があったから,
わかったことがたくさんあったから,いいんだけど.

今はしょっちゅうとまではいきませんが,不安だよーといっては泣き
そして少しすっきりして,最後には笑えるように.してます(多分)
世界は私の気持ちを映し出す鏡なんだな.
自分の気持ちを自分でシェアすること,そして相手の気持ちも
よしあし決めないでシェアすること.
そうすると,全部は消えないけれど,少し不安は消えて,
愛があふれてくる気がする.
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-25 15:02 | 相談事と書いて気晴らし


「やりたいか,やりたくないか」

さっき,一生懸命書いてたのに,パソコンがフリーズして
消えました.とほほ.もー,泣きたいっす.

選択を迫られるとき,みなさんはなにを基準にしますか?
私は基本的には,「やりたいか,やりたくないか」です.

今私のすぐ下の妹が選択を迫られています.
妹は教員をしていて,今小学校の臨時教員をしています.
去年教員採用試験に合格して,4月からの本採用まちです.
そんな妹に昨日国語研究会でご一緒させてもらってる
別の小学校の教頭先生から電話があったそうです.
来年度からうちにきてほしいとのこと.
しかし,今働いている学校からも残ってほしいと言われているとのこと.

今の学校は通勤が遠いけれど,比較的業務がラク.
まだ一歳半の子どもを抱えている妹には,あまり忙しくない学校で
働いてもらうほうが,本人も旦那さんも,夕方子どもを預かっている
私たち実家の家族も楽です.

来てほしいといわれている学校の業務は,
今勉強会にでている教頭先生が呼んでくれているだけあって
国語教育に力をいれていて,研究をしながら担任をもつ,という
ことになるようです.だからおそらく忙しい上に,しんどい.
ようやく教員になれることが決まった妹にとっては,
気が重くなるような,
できないことを日々実感しながらすごすことになるでしょう.
やりがいはあるでしょうけれど,現時点では苦労するのは眼に見えてます.

相談を受けたとき,私は,「やれるかやれないか」より
「やりたいか,やりたくないか」をまず自分に聞くと話しました.
現実を考えると,本当にいろんな事を考えなくてはなりません.
子どもを抱えての教員生活は本当に厳しいものがあるでしょう.
教材づくりにしろ,指導案の作成にしろ,本当に大変で
うちに帰っても業務ガ続いている状況です.
なんてったって,実家にきて,私たち家族も総動員で
教材作りを手伝わされる羽目に(苦笑)
慣れてきたらそんなことはないのでしょうが,慣れるまで
本人も周囲も大変なのです.

できないこと,やれないことがとてもいやな完ぺき主義の妹は
教員採用試験も,泣きながら勉強してたぐらいです.
パニックになりながら,それをなだめつつ論文を見ていた私も
きつかった(苦笑)

日常生活では,選択することだらけで,なにをするにも
すべて選んでいます.
何かを選ぶとき,それが重要な選択であればあるほど
私はいつもこの自分で大好きかを聞きます.
現実にはやれることは少なくて,やれないことの方が多いです.
最近よく思うのは,自分が望むことが,目の前に立つ,ということです.
例えそれが苦しいことであっても.多分,私が引き寄せているのだろうと.

すべてに受けて立とうなどと,微塵にも思いません.
できないことも現実にはあって,やりたいと思っていても
どうしようもない,もっていないことは,やっぱり無理です.
例えば留学したいと思っていても,語学力がないと無理だし,
お金がないとできません.
私の場合は,すぐに別の大学院に入りなおしたいけれど,
現実問題としてやはりお金のことがあります.
だからそんなことを一足飛びにやりたいからといってできるわけがない.
ここでどっかから,借金してまでやろうというのは違うでしょう(当たり前)

妹は,私の影響からか,ヴォイスヒーリングを受けたり,
色々なことをわかる人に見てもらう機会があったりしています.
その都度言われることは,立ち位置がわかっていない,
自分のことをしっかり見なさい,心の声から逃げてはだめだと言うことです.
センシティブで,情に厚く,優しい妹ですが,
どうしようもない時々顔をだす,感情の高ぶり,不安定さに悩んでいます.
さすがに,最近は自分を見つめなおして,やって行こうと思うからか,
心に浮かんだことを書き留めたり,時々は瞑想したりしているようです.

自分が本当に望んでいるかどうかなど,どんな状況においても
わかることは,私には少ないです.
これでいいのかどうか,私の心の声はなんと言っているのか,
正直言ってよくわかりません.聞こえるときもあるけれど,
そうじゃないときの方がずっと多いです.
まあ,聞こえっぱなしだと,内面と現実の葛藤が生じると思いますが.
みんな自分に聞いてみればわかるよ,って言われて
本当に奥底から聞こえてくることなど,少ないんじゃないかなって思います.

今はすべてとは言わないけれど,私は私のことが大好きなので,
どこにいっても,どんな状況でも私が私を見捨てることはない
という気持ちがあります.
おそらく,自分で自分を受け入れることが,慈しむことが,
自分の困難さを支える希望になると思うのです.
そのためには,自分の気持ちに正直になることかなと.
状況から色々考えるから,混乱するし,
なにが自分の望んでいることなのかわからなくなります.
「できるか,できないか」から考えると圧倒的に,そのアンサーは「NO」です.

自分の気持ちを受け止めて,認めてから現実に働きかけるほうが
どんな選択であれ,納得します.
不用意な,自分が今望まないことであっても,
私の気持ちはどこにあったかを認めていれば,
その中にも種は確実にあって,私の当初望んだ形ではないかもしれないけれど
「花」は咲くと思います.

「やりたい」と思って飛び込んだ世界でも,私は大失敗をしました.
今の所属先の大学院では,違う分野から飛び込み,
あまりのハードワークに私は倒れてしまいました.
おかげで,仕事はだめになるわ,休学することになるわ,
一時期は今までやってきたことすべてがだめになるとまで
思ったほどです.
「やりたい」からやったけれど,「できなかった,うまくいかなかった」から
「できること」から選択をしようとは,それでも思いません.
本当にその当時は苦しくて,研究室の窓から飛び降りることばかり
考えた時期もありました.

やれない限界を知り,苦しさを知りました.
そして,どんなことを知りたいのか,やりたいのかを
大失敗から私は学んだ気がします.
基礎から臨床に移るきっかけも,すべてこの大失敗からはじまっています.
できなかったから,シフトするというよりも,
やりたいことが,やろうと思って望んでいたことが,
この件を通じて顕在化しただけのことです.
私がシンプルに望んで生まれてきたことはなんだったのかを,
絶不調,大失敗から種を頂きました.

どんな選択も,楽に見えるようなことも,
すべてリスクが伴っていて,それを支えるのは
やはり私が私の気持ちにシンプルであり,自分を受けて入れて
選択しているかにかかる気がしています.
やれないことなど無数にあり,苦しいことも,辛いことも
決して消えてなくなることはありません.
それでも,対極にある優しさや,喜びや,愛を教えてくれ
双極性が私を進化させてくれると信じています.

今日の朝,車を取りに実家にきて出勤する妹は
結局,オファーがあった忙しくなり,厳しくなり,
苦しいであろう環境の学校を選ぶことにしたようです.
やっぱり「したい」に正直でありたいと.
まあ,それには家族の協力がいるわけですが.
どこに行こうとも,苦しさはあり,またパニックでなくでしょう.
でもどうにかなってやっていくとおもいます.
自分の選択を胸に,感謝を忘れずに歩いて行けば,
道は多分開けてくると思うから.
私も協力しながら,支えて行こうとおもいます.
互いに支えあいつつ,歩いて行けますように.
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-25 12:29 | 相談事と書いて気晴らし


自立

経済的に自立しないと何もほーんと言えません。
当たり前なんですけどね。

今の私のちょっとした悩みは、4月以降の生活。
現在の身分を続けるか、それとも完全にやめるか、なんですが。
大学院に身分を置いている時間が長く、そしてまた
新たに勉強をしようとしている私にとっては、
やはり経済的に自活することが一番必要なことです。
ごくごく普通の大人がやっていること。
まだその部分ができてないわけです。
仕方ないんですけどね、研究職は一人前になるまでは
時間がかかるから。
それを途中で進路変更しようとすると、専門職すぎて
就職するときにすごく不便です。
自営業はきっとみんなそうなんだろうな。

今の身分をもう一年続けようかなと半分思ってます。
投稿論文を書きたいのと、
保険というわけではないですが、
今までのキャリアを無駄にしないためにも、大学に籍をおいて
実績を積んでおいたほうが、後々困らないかな。
後一年やってると、就職の幅が広くなる可能性が高くなってくるし。
あと研究したいってのが一番です。
でも今の基礎分野でやってくんじゃなくて、
臨床の領域での研究をしようと思ってます。
そしたら、やっぱり大学に籍があって、他分野の先生と
交流できる大学の方がやっぱりいいでしょう。
ただ自分ですべてやっていかないといけないので、
授業料を稼いで、研究して、別で仕事しては本当にきついです。
研究職って、別に仕事もちながらできるほど甘くないことは
よーく知っているのに、それをしようとする私も私だ(苦笑)

自分で自分のことをしっかりやれれば、他の関係ないところで
色々言われることも少なくなるでしょう。
もうほとほと、周囲のいろんな雑音がいやになってきてるので
誰にも文句言われないように、やってやるー!!
って、なぜか喧嘩腰、すいません。

誰かや周囲が私を傷つけたりすることないって分かってるのにな
やっぱり色々言われたりするといやなんですよね(苦笑)
両親との関係で悩むのは、両親があってほしいという娘の姿で
そうできないことです。
両親のことが大好きだから、本当は気持ちにこたえたいなとか
悲しい思いはさせたくないなって正直なところなんですけどね。
典型的ないい子でしたから。

多分、親は私をコントロールする気持ちなんてないと思いますが、
今までの私ではない私を受け入れるのには、まだまだ抵抗があるんでしょう。
今の高い学歴やキャリアを捨てて、新しいことをしようとする娘をみて
「今までの私たちの苦労(両親)はどうなるのか?」って思って当り前です。

父は、「学歴の高い娘」が誇りだから、まだまだ続けてほしい、
母は、「今までやりたいようにさせてきたんだから、もう新しいことをするなら
かけたお金を返してほしい」ので、大学を辞めてほしい。
父と母の要求にこたえられないとき、
「ここまで育ててきたのに、援助してきたのに」という気持ちに
接するとやっぱり辛くなってしまう。
どっちをとっても、私には結構しんどいです。
応援してきたけれど、やっぱり私たちの気持ちに応えられないなら
返してよね、って言いたくなる気持ちはよくわかります。
ただ単に寂しい、って言う気持ちがそこにあるのも。
よくわかってるの、ごめんね。
ちゃんと返して行くよ、それが人の道だもんね。

経済的なことに結びつけて、私のあり方やプライベートな関係で
互いに対立することはやめたいと思ってます。
まずは自立から。
だからしんどくても、がんばって働きながら勉強します。

少し書いてすっきりしたかも。
しっかり現実を生きて、ちゃんと人ともに生きて行けるように、
人をヘルプできる仕事をできるように。
少しぐらい障害があったほうが、乗り越えて行くとき
楽しみが増すってものでしょう(笑)

どんな状況にあっても、今の私を私が肯定できれば
それが一番シンプルで、大切なこと。
そして望むように糸は紡がれていくから。
自分の中にある知性も霊性も統合しながら、
それを体現しつつ生きて行けますように。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-23 11:25 | 相談事と書いて気晴らし


妊娠

しました。はい。
今五ヶ月です。

って、驚きました?(すいません)
これ、私のことじゃないです。
私の幼馴染のこと。
私には5人の幼馴染がいて、もうかれこれ25年以上の付き合い。

先日、飲み会があって、大抵集まるときは
みんな彼氏連れでくるんですけど、
そのときに報告がありました。
びっくりしましたよ、はっきりいって。
っていうか、5ヶ月になるまで黙ってるなよな~って感じでは
ありましたが。
安定期になったから、話せたと本人は申しておりました。

私たち5人(みんな女性)とも、まだ誰も結婚してません。
遅いでしょ~。私たち5人の両親はみんな顔見知りで
時々スーパーとかであって話したりするらしいですが、
いつも話しのネタは「まだ誰も行かないね(嫁にってこと)」だったそうな。

それが今年、ようやく。
いつも飲み会や、5人であうってことを話すと、
「独身貴族の集まり」と親同士に言われていたのですが、
破られることになりましたね。
しかし、複雑・・・・。あ、間違えないでね。
なんか先を越された寂しさは全くないんですけど、
あー、こうやって私たちの形もどんどん変化していくのね、ってことで。
もちろんいつまでたっても同じものなんてありえないし、
友情は変わりないわけですが。
大人になり、集まりに互いの彼氏が加わるようになり、
どんどん人数も増えて行きました。
そして、今度は新しい命がこれに加わるわけだ。
それはうれしいこと。今から楽しみです。

結婚式は未定らしいですが、互いの結婚式には
多分みんな泣きそうですね。
ここ一年の間に後一人は結婚しそうだから、
どんどん変化ありってかんじなのかも。
私は年内はないです。お金ないし、まずは自分の地盤を固めないとね。
結婚したいね、って話してはいるけれど。

新たな命がつむがれて行くことの喜びと
変わらぬ友情を願って。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-21 15:42 | 相談事と書いて気晴らし


ただいま現場事務員です。

妹が臨時でやっていた現場事務の仕事を
急遽引き継ぐことに。
妹は今日から学校の非常勤で、6時45分に
出勤していきました。
教員も大変だよなあと思う今日この頃。
で、今現場事務員してます。

父の会社の工事の現場で、今日から初出勤なんですが
まだ誰もきません。
掃除して、コーヒー沸かして・・・・ってやってますが、
なんでまだ誰もこないわけ~?
ま、いいや、のんびりすごしておこう。

今週いっぱいで大学には返事をしようと思っているのですが
悩んでます。
今日でいろいろ考えて関係方面に相談して
水曜日までには返事しよう。
さて、今日からまたがんばりましょう。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-21 08:55 | 相談事と書いて気晴らし


無痛文明の果て

私たちは無意識のうちに、
「痛くない」「苦しくない」「辛くない」「ストレスがない」事が
幸せにつながると思ってる。

そんな自分こそが、「幸せ」の状態なんだって。

先日渡辺さんとこんな話をしました。

痛くないことを苦しくないことが、幸せにつながると
それを求めているのが、今の社会、文明なんだと。
それはね、「無痛文明」って呼ばれているのよ。

痛いのはいやだし、苦しみを乗り越えてきても、
あんな苦しみ、もう味わいたくないと思う。
だから、少し苦しいと、へこたれそうになるし、
またあんな状態になったらどうしようって思う。
ずっと続くわけない事を身をもって体験しても。
逃れたい、私はずっと「痛くない状態」で
やっぱりいたいよ。

でもね、やっぱり知ってるんです。
どこまでいっても、苦しいのはなくならないし、
痛いのもなくならないんです。
苦しみの質や痛みの大きさは変わってきても。
乗り越えても、それを感じないときってあったかな。
そりゃあ、しばらくはそれがないときもあったよ。
けれど、私の中から「苦しみや痛みや辛さ」って
消えたことなんて、生きてて一度もない。

ストレスだって感じてるしね(程度の差はあるけれど)
不安だって、探せばたくさんでてくる。
不安定な自分はやっぱり「生き辛い」って感じるし。

痛くないことを苦しみを解消することを求めて、
人は癒しを求めるのかもしれない。
パーフェクトな自分が先にいるかもしれないから、
「今のこの自分」じゃない自分を、探しに
「本当の自分」に出会いに行きたいのかもしれない。
だから、ヒーリングを求めて、スピリチュアルなワークに行ったり
本を読んだり、憧れたりするんだ。
そこには、私の求めている、「本当の私」がいるかもしれないから。

体が疲れたら、体の疲れを癒しにマッサージに行ったり、
整体に行ったりします。
そしたら癒されるんだなあ、これ。
体がほぐれると、心までほぐれてくるんだよね。
そんな時、心と身体は一つで、それで私なんだって思う。
なのに、よく忘れてしまう。
私の癒しは、「心がオッケーださないと、完成しない」ってね。

頭は、心はいつもいろんなことを話してる。
話してないときなんて、ないと思いませんか?
私は実際に、整体を習ったり、テコンドーを始めたりして
気がついたんですが、日々、一時たりとも
考えてない時間なんてなかったことに気がつきました。
ただの身体の感覚。私の五感。
シンプルな自分の肉体感覚ってしばらく忘れてた。
何も考えずに体を解放することが、私にはありませんでした。

渡辺さんはこうもおっしゃってました。

頭や心が話していることが、私たちは私たちのすべてだと
思ってしまう。
だから、そこからでてくる事に従わないと、いつまでたっても
苦しみや痛みから逃れられないと思ってる。
頭やね、心が話していることは、半分はノイズなのよ。
実は、身体感覚は「痛み」や「苦しみ」から逃れることを
望んではいないの。
「痛み」や「苦しみ」を知りたいと思ってる。
そしてそれを味わって、また次にトライできるようなことを
求めているのよ。

私たちの不幸は、頭と(心と)体の感覚がかけ離れてしまっていることなのかも。
身体を開くことによって、私は心と身体のバランスを取ることが
できると、身をもって今実感しています。
特にヴォイスヒーリングは、内なる声に出会えるというよりも、
新たに発声を通じて、身体感覚を取り戻す、というものに近いかもしれない。
私にとってはテコンドーもそうです。
上手くやれなかったら、それがストレスになったりするけれど、
でも身体の感覚に身を浸せることは、生きていく上で
必要な気がする。

今の社会は、みんな頭で作り出した世界がすべてだって思ってる。
そこにいる私たちの身体感覚は置いていかれている気がしてます。
風の音、草木が奏でる音楽。鳥の声。空の青さ。
それは決して私からかけ離れたところになんてないのに、
自然と共にあって身体で受け止めていた子供の頃の感覚は
大人になるにつれて自我意識の元に薄れてきたんだ。

もういい加減、自分探しなんてやめて、
今の自分を肯定することから始めようよ。
痛くなんてならないよ。苦しみも消えたりしない。
先にある自分がすばらしいんじゃなくて、
今の自分をまず認めることから始めようよ。
どっかに癒しなんてない。
本当の自分は、いつだってすばらしい。
けれど、それは先にあるんじゃなくて、
今この瞬間からあるものだから。

苦しみも本当は味わいたくないかもしれないけれど、
認めることからはじめていけば、少なくとも
長くは続かないんだ。
身体は痛いことも、苦しいことも乗り越えられるだけの力を
持ってる。

それを身をもって体験できたら。

きっとね、「自己肯定感」なんて、頭や心だけで
得られるものではないと思います。
頭や心でいくら、私は私を愛しているなんて言っても
絶対に無理だと思う。
私はそうだった。アファメーションなんて無理にしなくても
身体感覚をもっと取り戻せたら、きっと出会える気がする。

結論
「身体の感覚を開いていけば、きっと探している
本当の私だったり、癒しだったりにであえるかも(苦笑)
遠くにいかなくても。だって、私はここにいつもいるんだから。」

痛いのも苦しいのもなくなりません。
痛かったら、辛かったら、苦しかったら、
逃れたいなと思う心も認めて、
風に向かって立てばいいんじゃないかな・・・。
少なくても、痛みが大きくなって私にむかってくることはなくなるもの。
逃げれば逃げるほど、苦しみをなかったことに、なくなることに
目をむけるから、余計にそのループをめぐる気がする。
(多分ね・・・・、でものた打ち回るんだけどさ。)

心の扉を怖れずに開いておけば、
私はきっとどこまでも私でいられるんだ、という確信が
芽生えてきたのはつい最近。
今、私は私を肯定している、から。
それは身体と心でセットで得られるから。

考えすぎている頭や心で話している言葉だけがすべてじゃない。
私は私の身体を含めて、私を信頼したい。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-15 11:38 | 相談事と書いて気晴らし


私は私の見た目でしか真実を語れない

世の中には、「正しい」と思うことはたくさんあるだろう。
たとえば、どんなことがあっても
「人を殺す」ことは絶対にあってはならないし、
どう考えたって、不条理だ。

けれど、法の下では。
たとえば、交通事故で人をひき殺しても、
「業務上過失致死」になったりして、
量刑が「殺人」より軽い場合がある。
この前の千葉の4人を「酒気帯び」からひき殺したことが
認められれば、きっとこれが適用されるんだろう。

同じ「人の命」が失われているのに。
法の下では、違うんだ。

たとえば、国家は。
先日イラクで一人の青年の命が失われたように。
国家の利益のためには(という前提の下に)、
それが正しいのかどうかは本当にわからないけれど、
人の命を差し出すようなことをしてしまう。

「正義」を立証するために、人は戦争までしてしまう。
人の命が失われるのに。
幼い子供の命が失われたら、「かわいそう」で、
「戦士」の命が失われたら、それはなんでもないんだろうか?

私にはわからないことだらけだ。
いくら「愛」を説いてみても、私自身が「愛」なんて
どこかに吹き飛んだような気持ちになるときがある。
たとえば、自分が被害者だったときは。
けれど、時が過ぎ行けばそれもいつしか、風化されて
事件の当事者だったことすら、忘れてしまうことがある。
そして、私は「当事者じゃないから」
本当に「被害者の気持ち」はわからないといってしまうこともある。

宅間容疑者は、自分が望むように、自分の命を散らせていった。
けれど、それで被害者のご家族の気持ちはいえたんだろうか。
私にはわからない。
人の命の重さを、それを奪った人の命で償い、
癒されることがあるとは思えない。
けれど、そうやってしか、気持ちを向けきれず、
立ってられない。
よくわかる。
私もそうだったから。
けれど、遠かった。
どうしてこのぐるぐるした輪に、私はいるのだろう。
苦しみを与えるほうも、与えられたほうも、同じ輪の中に。

時々、どうして「人」というものが生み出されたのかなと思う。
それもよくわからない。
私の知ってる、感じていることは、おそらく何かの断片に
過ぎないのだろうと思う。
私の見ている世界の「真実」は、どこか遠くでは、
異なっていて、そんな世界はありえないのかもしれない。

「加害者」を見るたびに、どうしてそんなことを、って思う。
「被害者」を見るたびに、どうかいつかその心が癒されるように、って思う。
でも、きっとどちらも、この世界で生み出されているものは
私の一部なのかもしれないなあって思う。
私が「被害者」であったのと同時に、
いつしか、社会というところにいる、どこかで傷ついている人を
見て見ぬふりをして、「加害者」を作り上げてきたのは、
私なのかもしれない。
そういった意味では、私も「加害」に加担してきたのかもしれない。
本当は、誰もがそうなのかもしれない。
違うかも知れないけれど。

じゃあ、どうやって、「社会」と「世界」と、
「人」と向き合っていけばよいのだろうか。
やっぱりこれっていう答えなんてない。
けれど、私は私のスタンスでしか、やっぱり接することしかできない。
誰かに押し付けることなく、礼節をわきまえて。
私の苦しみを人に押し付けることのないように。
私の痛みを、私以外の人が引き受けることのないように。
誰かの痛みを代わってあげることはできないけれど、
その痛みから、「自分を捨てない」ような
手助けをできますように。
「自分を愛せるように」それだけを、一人一人ができるように
そんな手助けだけをやれますように。

ひとついえることは、やっぱり
私は私の見た目でしか真実は語れないかもしれない。
だから、いつも自分で自分にごまかさずに生きていけるように。
私が大切だと思っていることを、やっぱりあきらめないように。
そうやってしか、生きていけないから。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-08 12:38 | 相談事と書いて気晴らし


本、差し上げます

先日行ったカフェで見かけた本。
すごく素敵だったので、ぜひその本の心が
伝わってくれるといいなということで。

本、差し上げます。
どんな本かというと、
天国はつくるもの―天使と戦士に贈る詩 てんつくマン著
a0025868_11251682.jpg


知ってる人は知ってると思いますが、
元吉本興業でTEAM-0(相方:山崎邦正)として
ダウンタウンの番組で活躍中に、映画制作という夢を見つけ、引退。
1998年より始めた、筆と墨を使った
「あなたを見てインスピレーションで言葉を書きます」という
“書き下ろしパフォーマンス”で路上詩人として人気を集め、
これまでに6万人以上にメッセージを送っている方です。

すごくストレートで、そして心に響いてくる言葉がたくさんでした。
「天国は死んでから行くところじゃない、作るものだ」って
言葉、本当にそうだなって思います。
すべての人の心に天国を望む気持ちが、
作る気持ちがあれば、きっとあっという間に
いろんなことはよくなるよね。
そんな希望とともに。

それから、この本と一緒に、「天使の願い」という本も
一緒にプレゼントします。
市販されてませんが、私の手元にありますので。
愛をどうぞ感じてくださいますように。
今はもう中学生になっている女の子が小さいころから
書き留めていた詩が本になっています。
すごく素敵な本です。

先着一名さまに。
本との出会いと、あなたとの出会いをお待ちしています。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-08 11:30 | 相談事と書いて気晴らし

    

‘声’をめぐるつれづれなるままのエッセイ(写真は私の愛する伊是名島からの風景)
by harmony0526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
marathi ring..
from marathi ringtone
lil wayne ri..
from lil wayne ring..
Fight Song N..
from Fight Song Nav..
Youll Be Und..
from Youll Be Under..
Politik Cold..
from Politik Coldpl..
Forever Your..
from Forever Your G..
伊東美咲 写真・画像・動画
from 伊東美咲 写真・動画 大流出
lipitor online
from lipitor online
bar swinger
from bar swinger
threesome sw..
from threesome swin..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧