all world harmony


カテゴリ:研究と臨床( 27 )



始めの一歩

どうでもいいんですが、上の↑「三十路、独身の春・・・・」って痛いんですけど(苦笑)
なぜこのようなタイトルなんだ~(これはエキサイトのスキンなんですよ、私がつくったわけではありません~)

ここのところ、精神面ではちっともなんともないんですが、
肉体面がものすごーく調子悪くて、寝込んでました。
返事が遅れてしまってごめんなさい。
家族もそんな私をみてほっておいてます。
こんなときは、精神的にはさえている場合が多くて、ほぼ眠れない状況に突入~。
とりあえず睡眠時間を確保するように心がけて、ようやく昨日からちょっと良くなってきました。

そういえば、ブログで知り合った方たちが、最近卒業宣言をされています。
ああ、さびしいなあとおもう反面、私もどうしようかなあとおもうこともあって、
更新の間隔が開いてました。
書き始めたころは、自分の気持ちを整理するために(今でも半分そうだけど)
そのうち、誰か一人にでも何かが伝わって、きっかけになってくれればいい、
今がどうしようもなくつらい状況で、自分だけが一人ぼっちだと感じていたら、
そうじゃないよ、と伝えることができればと思って書いてきました。
そして、いつでもあなたはあなた以外になるものはないのだということ、
いつでもそのままのあなたは「許されているんだよ」ということを伝えれればと。
それは変わることなく、いつも思っています。

でも表現することよりも実践だよなあと思う日々の中で、
それが果たしてできているのか・・・という点で
自分にいらだっている部分があるんですよね。
一方で書くことによって自分が癒されている部分もあるし、やめるという選択よりは
少しずつまたペースを落としながら、ここは残しておこうという結論に達しました。

なので、これからもよろしくおねがいします(苦笑)

それから、もうひとつ。
色々考えて迷った結果ですが、結論を出したことがあります。
自分に気合を入れるためにも、ここで宣言。
児童精神科医を目指して、医学部を受験します。
一応医学系の大学院に所属してますが、私は基礎系なので医師の免許は持ってません。
正直人とともにあれれば立場はどうあろうともと思っていたのですが、
人間の心と体を総合的に捉えられて、私の科学的な視点も、
スピリチュアルな部分も生かせるのは、医師の立場が一番良いだろうという結論に至りました。

小学校で働いていて感じるのは、医療がもっと「育む」という現場に関わってくれて、
かつ心理学的なケアの重要さを知っていてくれて、それを生かせたらなと思います。
そして今の心理学は「心」の部分に重きを置きすぎる。
もっと「心」と「体」、人は真の意味で「身体化」を経験することが、
深い癒しと自己肯定感を生むと思うんですよ。
今は「脳化」社会といわれているように、みんな言語的ツールに頼りすぎ、
精神に重きをおきすぎている気がします。
なにも「心」を癒すことに主眼を置かなくても
(この場合は言語的手段を用いて心を捉えると考えてください)
自分の身体性を獲得することが、
実は深く自分の心を見つめ、癒すことができると感じています。
私はそれをヴォイスヒーリングを通じて、初めて経験しました。
(だからといって、すべての人にヴォイスヒーリングが適しているよ、
ということはないですよ、あしからず。)

心と体を十分につなげることの重要性を話せる医師になりたいんです。
そして今学校現場でたくさんの「困っている」と判断される子供たちがいますが
そういった子供たちのためにも、親御さんのためにも、
できる手立てを提供できるようになりたいです。
今の私にできるのは、医療機関を紹介したり、専門機関を紹介したり・・・なんですが、
まあ、見える穴もあるわけですよ。
学校現場でやれる手立てを、医師として提供できればいいなあと。
学校現場も知っている医師なら、教師の立場も理解できるし、
対立することなく、もっと具体的な手立てを提供したり、考えたりできると思うし・・・ね。
ぶっちゃけ、自分がやったほうが早いなあと感じることもあるんで(苦笑)
ちゃんと病気というもの、障害というものをしっかり勉強した上で、
『自分を他者のために生かしていけるのか』を考えて生きたいと思います。

ってすっかり合格する気でいますが、調べてみるとものすごーく困難な道で
年齢を考えると本当に厳しいです。体力的にもかなり・・・・。
そして勉強することがありすぎる。がんばれ、私。
まさか、また数学とか生物とか勉強する羽目になるとは・・・、とほほ。
2年限定で、しっかり受験勉強して、なれるようにがんばります。

なので、おそらくこれからは受験勉強愚痴ブログに(苦笑)
移行していくかもしれませんがどうぞよろしくおねがいします。
もう決めたから、後は進むだけ。始めの一歩は、まず決めてやりはじめることからだ。
けれど、本当に無謀・・・だよねえ、私。
[PR]
by harmony0526 | 2005-08-14 03:00 | 研究と臨床


みんなすごいなあ

最近(といっても約一ヶ月ぐらい前)、mixiっていうものに入りました。
説明はこちら
簡単に説明すると、知ってる人から招待されて、入会して、新たにお友達をつくったり、
関心のあることを話し合ったりするものらしい(よく理解してません)

で、まあぼちぼち活用してます。
仕事の関係上、心理関係のコミュニティとか、以前やってた研究関連をちらほらと覗いてたら。
昨日、福岡の院時代の仲間を発見。びっくりしました。
いやー、この広いネット世界で、知ってる人を偶然見つけることって結構ないんで
びっくりでしたよ。久しぶりに連絡も取れたからよかったかな。

しかし知ってる人とか、顔見知りの人とかを研究のコミュニティで見つけると
ああ、みんながんばってるなあって思って少しブルーになりました。
今の状況なんてあまりにものんびりしすぎ(研究って観点からするとね)
臨床ばっかりやってるんで、体力的に疲れて、頭を使うという知的作業をしてないなあ。
もともと基礎系なんで、実験したりすることが大好きだったなあと思い出したり。
毎日ダイレクトに人を相手にする臨床とは使う頭の部位が違う気がする(苦笑)

スクールカウンセリング関係の勉強とか、知的作業はやってますけど。
去年まではあんまりよく知らなかった、発達障害のこととかね。
でも今までと違うのは、
発達障害は脳のどういった部分の不具合から生じているのかっていう興味から、
ちょっと変わった子供たちが発達障害だとして、
じゃあどういった手立てがこの子達には必要なのか、っていう視点に興味が移っている点かな。
基礎の部分は、臨床を支える屋台骨のようなもので、臨床は基礎に支えられながら
具体的に動いていく部分、って感じかなあ。

話がそれたな。
研究の仲間たちも、もうだんだんひとり立ちしていってるのに
まだ学生かよ・・って焦りは正直あります(っいっても、ちょっとブルーになるぐらい)
結局のところはね、
今どういった手立てで、私は人とかかわって生きたいのかを真剣に考えないとなってこと。
ふつふつと沸いてくる自分の中でのものにどう答えを出すべきか、悩んでます。
はっきり答えをださないとなあ。
なんでもいいんだけどね、人とともにあれればって言ってられなくなりました(苦笑)
なんでもよくないです、はい。

私はどんなスタンスで世界にかかわって生きたいのか、真剣に考えないと。
もう年齢も若くないんで。これからのチャレンジには相当気合入れていかないと。

でもわかってるよ。
私にとって最善であり、世界にとって最善であり、地球にとって最善であるような
生き方を選んでいくんだってことは、ね。

今年の夏は、使っていた頭を少しでも動かせるように、知的作業をがんばろうっと(苦笑)
[PR]
by harmony0526 | 2005-08-03 01:42 | 研究と臨床


カウンセリングマインドの使い方

先週はもう本当にばたばたでした。
深刻なケースが一件あって、学校側でのケース会議
関連機関での聞き取り、通告等、もうしんどかった~。
ようやく今日はその第一歩を踏み出す形になったので、ほっとしてます。
しかし、警察やら市役所やら児童相談所やら、去年までは
関係することも薄かった場所に足を運ぶことが多くなりました。

週末は幼馴染たちとペンションへ。
互いの彼氏や、だんなさんも一緒に、楽しくBBQをしました。
日々学校や大学の業務に終われてばかりで、何も考えず
プライベートな空間があることに少しほっとしました。
一緒に行った彼はとっても疲れたと思いますが、感謝してます。
私の友人たちに囲まれて、緊張したはず、気を使ったはず。
まー、20代も終わりに近づけば色々ありますがな。
友人の一人が、彼氏のいる東京へ来月旅立ちます。
意見や考えは色々あるけれど、5人のなかで一番慎重で冷静な彼女。
その彼女が下した結論に、何はともあれ、応援するしかないなあと思っています。

私は来年どこにいて、何をしてるんだろう。
多分おそらく大学院生オンリーに戻ると思うんですけどね。
今は半分学生で半分社会人。学生気分なんてほとんどありませんが
一応身分はね、そうなんだもん。
研究に没頭できる環境にいた時間がまるで遠くにあるようだなあ。

来年度にむけて今どこの大学院で博士号をとるべきなのか悩み中です。
一応福岡にいたときの大学院に戻ることを考えていたんですけどね~、
微妙らしい・・・。やっぱりこれは東京かなあ。

その関連で、心理士関係の資格を取ろうとしているんですけど
はっきりいって高い。どうして申請書類をとりよせるだけで
お金がかかり、申請の認定だけで何万円もとるわけ~?
基本的に、心理学の世界でカウンセラーと呼ばれるのは
臨床心理士の肩書きをもってることが前提となりますが
そのほかにも、学校心理士(スクールカウンセラー)、
臨床発達心理士、認定心理士等、色々あります。
最近話題の医療心理師は、国会で法案として提出されれば
これが本邦初の正式な国家資格として動き出しそうです。

色々あるんですよ、カウンセラーと呼ばれている資格にも。
心理学会が関係ない形で出てるカウンセラー資格もたくさんあるだろうし。
どちらかというと、専門的に勉強している立場からは、
なんだそれは~と呼ぶような資格を持ってます、といわれるときは
ちょっと困ってしまいますが。
一概にどれがよくてどれが悪いとかって言うことも出来ないし、
みんなカウンセラーといえばカウンセラーだとも言えるしね。

ただ、現場で働いてて、ちょっと困ったなあと思うのは、
カウンセリング理論を少し知っている人たちです。
いくら、受容し共感しながら、というのがベースにあっても
それだけじゃだめなケースなんてたくさんあるんですよ。
例えば、明らかに精神疾患が考えられるケースに、カウンセリングだけやっても
またカウンセリングマインドだけでも、立ち行かない場合があります。
投薬や、今自分が置かれている状況をきちんと専門機関でみてもらった方が
早いこともたくさんあるんですよ。
そこを理解されないで、カウンセリングマインドでいくら言われても
それは無理だってば~。と思うようなことを、わかりやすく、
そして丁寧に相手を責めずに、説明するのがものすごくしんどいです。

私は限界を超えてまで人を癒そうとは思いません。
私にいくらカウンセリングマインドがあろうとも、適切な手立てが
他にあることも、きちんと理解したい。
医療や、薬を否定する考えは私はあまり好きではありません。
まず最初に医療から先にはいってもらったほうが良いケースもあります。
ずっと病院にかかったり、ずっと薬漬けになることもないように
それを呈示できる医療であって欲しいとは、よーくおもうけど。

医療を癒しの現場から排除するわけでもなく、また他の民間療法も
考えも排除するわけでもない。
私は幸い、学問的なこともバックにあるので、
それを活かしていえることもあると思うんです。
スピリチュアルなことなんか知らない人たちに、いくら語っても理解されないことが、
悲しいかな、私の肩書きで理解されることもあるんですよ。
そういった面では、高学歴であることも悪くないですね。
入り口はそこからでもいい。たどり着く道など、きっと最終的には変わらないのだから。
だから、私は学問に身をおいても、ちゃんとスピリチュアルな側面も理解できる
呈示できる人になりたいんです。

って自分を熱く語ってどうする~、私(苦笑)。
もう両極端の考えが多くて、ちょっと困ったなあって思うこともしばしば。
科学的か、非科学的かなんていってる時代はたぶん、もう終わりに来ているでしょう。

どっちがいいとか、どっちが悪いとかないってば。
すべては選択でしょう。でもどちらかを非難する形では、何も生まないと思うんだけどな。
お互いがお互いをフォローできる形での、あり方が探せればいいな。
[PR]
by harmony0526 | 2005-06-06 16:19 | 研究と臨床


午後は面接

ねむいです・・・・.
私はいつもねむいのか?というぐらい
常に眠気と戦っているわけですが.

そして今もねむい.
昔からよーく居眠りする子どもでですね,
中学の頃,ほぼ一時間目の授業は寝てました.
こんな生徒,先生からしたらいやだぜ~!!

今日は午後から面接っす.
役所(正確に言うと教育委員会)に出向くんですが
なにを聞かれるんだ~.成るようにしか成らないから
いいかなって思ってるけれど,
考えると緊張しそうなんで,あんまり考えないでおこうかな.

うまくいったら報告します.
でも何も書かなかったら,きっとうまくいかなかったんだろうなと
思ってください.
あー,はやく一日終われ~.
[PR]
by harmony0526 | 2005-03-11 10:33 | 研究と臨床


リアルで重い現実を生きる


私の本当の仕事というか,本来は病院での検査を取る業務です.
東京ではもっと基礎の生理学研究室にいたんですが
今は臨床の病院の現場にいます.リアルな現場です.
実際に病気になれば,生活は変わるわけですが
私のいる科は,退院できるようになってからが,勝負のようなところです.
日々の生活が戦いだろうと思います.
覚えられていたことが思い出せない,できていたことができない.
そんな現実が待っている.

うまくいえないんだけれど・・・・.
本当に大変だろうと思います.
私には,精神的な開きがあった一昨年から去年まで
生活がひっくりかえり,しんどい思いをしました.
そのときの感覚は,
「私が私じゃない」というもの.だから少しはわかるかもしれない.

病気によって,今までの自分が自分じゃなくなる感覚
「私は私なんだろうか」という危機.
私の関わっている科の患者さんは常にこの危機に直面しています.
もちろんそこまで行かなくても回復する方も多いですが,
そうではない大半の患者さんは本当に辛いだろうと思います.
今までできたことができなくなること,
感情が押えられなくなること,
普通に生活できてたのに,できないこと.
見た目の体は普通に見えるから,だからこそ,大変なんだと.

検査をとる私たちがへこんでいては,全くもってなにもできないので
正確にどこの機能が落ちていて,どのように変化しているのかを
捉えるのが私の仕事でもありますが,
現場で患者さんに接するたびに,
なにかできることはないか,この検査をとると言う仕事以上に,と
思うのが私の正直な気持ちです.
退院した後,リハビリに励みながらがんばる患者さんたちは
その時点で,もう私たちの手を離れます.

辛くなったとき,苦しいとき,どこかに吐き出せる場所があるかな,
そのリアルで重い現実を生きるとき,力になれることはないかなと.
ちゃんと病気のことを知っていて,そしてそのことによって
生じる心の葛藤を理解してくれる場所が,ありますようにと.
機能が元に戻るように,リハビリすることと同時に,
病気によってもたらされた心を受け止めてくれるところがあるかなって.

私がなればいい・・・・,いつか.

いつも私の心のなかにあるのは,
見逃されているかもしれない障害を抱えた人たちが
一緒に手を繋げるように,手を貸してあげること.
決して高みからじゃなくて.
障害はなくなることはなくて,一緒に生きていくことしかない人たちの
ヘルプができるように,ってそれが私の願いなのかもしれない.

耳が聞こえない人たちが,心に葛藤を抱えたとき,
カウンセリングしてくれる場所はあるかな?
眼が見えない人たちの世界の人たちの声に
耳を済ませてくれる場所はあるかな.
今まで見えていた世界が病気によって変化してしまった人たちの
自分を受け入れる戦いに,ほっと心を落ち着ける場所があるかな.

どんな人の現実もリアルで重い.
たとえ今健康で何の障害がなくても,
いつどこで私が病気にならないという保証はなく,
病気になったとしても,その現実を抱えて生きていくしかないんだ.

実際に現実には沢山の人が,葛藤を抱えながらそれでもつよく
生きていて,そのことに感動するし,すごいなと思います.
人というものの強さを感じずにはいられません.

私がたくさんの人によって,たくさんのあらゆる存在によって
自分を受け入れきれるようになったように,
その手伝いが,きっかけが作れればいいなと思います.
人はみな,自分のなかに,自分を癒せる場所をもっていて
必ずたどり着けると信じているから.
そのたどり着く手伝いをできることだけを願っています.
たとえ病気になって,障害をかかえても.
あなたのその痛みがいつか,必ずあなたの根源とつながりますようにと.

どんな人も,自分の今と和解できますように.
愛を感じられますように.
リアルで重い現実を,伸びやかに生きられますように.
[PR]
by harmony0526 | 2005-03-02 15:54 | 研究と臨床


スポーツと心理学と生徒たち

今日で今期の講義日程が全部終了.
はあ,疲れた.テストを作成して,最終テストを
実施して・・・,計13回の講義でした.

私が受け持ってる講義は「運動心理学」
スポーツ専門の学校の講師です.
まあ,要はスポーツをするとき,人の心は
どう変化するのかとか,どう指導するといいのかとか
そんなことを教えてます.

生徒は去年高校を卒業したての子たちが大半で
なーんかまだ高校の延長のような感じがしないでもないですが,
一年もたつと少しだけ顔つきも変わってくるかんじ.
わいわいがやがやうるさいなか,叱ったりしながら
講義してます.
生徒たちが興味をもって聞いてくれるのは,
どう教えたら良いのかということのほかに,
心理学的なことですね.
学習性無力感とか,臨界期の話.
ということで,学習性無力感と臨界期をちょっと紹介.

学習性無力感っていうのは,

いやな刺激(結果)を避けようといろいろなことをやってみても、
避けることができず、「自分が何をしようとも状況は変わらない」ということを
学習したために生じる無力感のこで,
つまり「無力さを学習する」ということです.

これはセリグマン(1968)が犬を使って実験していて
実証されています.
特にやる気がおきないとか,やれないのは,
「過去にやっても無駄」ということを学習している可能性が高いわけです.
何をしても無駄」ということを一度学習してしまうと、
次の課題が一度体験した課題とは異なった課題にも関わらず
「何をしても無駄だ」と思い込んでいるために,
本当ならできるはずの課題にも取り組まなくなり,
すなわち無気力が伝染するわけですな.

これを教えるとへえ,とかふーんとかって言う反応が.
そこでそんな状態になっている場合には,
やっぱり簡単なことでもいいから,「できる」感覚,
経験を積み上げることが大切よ,とかって話したりします.

おそらく「できない」という子達の大半は,
この「学習性無力感」が多分強いんじゃないのかな・・・・.
まあこれと関連した原因帰属ってのもあるんですが,
話をしだすと止まらないので,この辺で.

臨界期については,知ってらっしゃる方も多いですよね.
ある機能が正常に働く為には,習得する期間が限られていて,
その期間を逃すと,その機能がうまく働かなくなる,という期間のことです.
そういった期間はほぼ幼児期に集中していて,
機能によっても異なります.

例えば,言語機能については,自然発生的に言語を獲得する場合、
2歳までに言語に触れられる機会を十分に持たせることが必要で,
また12歳までに言語発達は終了すると言われています.
だからこの期間を逃すと,言語機能を正常に発達させるのは難しく,
オオカミに育てられたとされるオオカミ少女アマラ,カマラは,
発見が推定8歳以降だった為,
習得できた単語数が数百しか満たなかったと考えられます.
(第二言語習得については,後ほど書く機会があったら,触れようっと)

だから,もし子どもが生まれたらね・・・・とかって話をすると
生徒は興味を持って聞くわけです.
視覚もそうで,単に人はすぐものが見えるわけではありません.
ものを見るというか,物を見る機会をある一定の期間奪われてしまうと
正常な視覚機能は発現しなくなります.
例えば,先天盲(生まれながらにして,目が見えない人)が
開眼手術を受けたとしても,正常な視覚機能を取り戻すことは難しいのです.

まあこれは,心理学の基礎の基礎で,私たちが研究する場合には
この臨界期を変化させることはできないのかとか,がテーマになったりするんですが.

私はずっと研究しているから,このようなことは常識っぽく
当たり前って感じがあるんですが,
生徒がこれはおもしろいとか,へえ~って反応を示すと
私のほうが逆に「へえ~」ってなってしまいます.
これが面白いんだ,そうなんだってね.

一般的に心理学っていうと,どうしてもカウンセリングを
頭に思い浮かべがちなんですが,実は人間の機能って
こんなに複雑で面白いのよ,ってことを提供してくれる学問でもあります.
それを少しでも興味をもってもらって,いつか何かの場面で
思い出してくれればいいなと,思いながら教えてます.

が・・・,しかし.テストを採点してると,
もー,こいつら何も話を聞いてない!!ってのが多くて(苦笑)
こりゃあ,追試決定者が沢山でそうな気配.
私のほうが頭が痛いです・・・・.
[PR]
by harmony0526 | 2005-03-01 14:27 | 研究と臨床


忙しいのに

今週はヴォイスヒーリングを週末に控えて
めちゃめちゃ忙しくなりそうですが。

何はともあれ、また明日の講義の準備が・・・
「まだおわってません!!」

というのも、PCが壊れました・・・。
先ほどから大格闘のすえ、なんとかやれてますが、
もうこの時間には終わってるはずの準備が、
まだ1/3しか・・・(泣)
今回の講義内容は、「子どもとスポーツ」です。
とりあえずあと20枚のスライドを作らないと。
テストも作成しないと・・・、でなきそうです。
まあ、いつものことですが、早く準備してればいいんですよね(苦笑)
すべて、私のせいです、はい。

私の長い間の頭痛の種であった、卒論の指導は先週で
一区切りついたので、ほっとはしてますが。
もう一時期はどうなることかと思いましたが、みんなよくがんばりました。
私もよくがんばりました(いいのよ、私しか私をほめないんだから)
今は三年生の心理学講義と卒論に向けての準備をさせてます。

4月で学校を辞めるため(たぶん)、今多方面にだす履歴書を作成中。
自分で自分を推薦することの難しさよ・・・。
スクールカウンセラーとか、相談員、非常勤講師を含めて
やれることは全部やれるように。
心の問題を扱うので、やっぱり自分が健康でなくちゃね、と思いますが。

この忙しいのに、PCのやつめ~。
もうお願いだから、壊れないでね。
と、なでなでしながら、仕事してます。
[PR]
by harmony0526 | 2005-02-07 18:55 | 研究と臨床


意思表明

4月から普通に働く予定の私(一体いくつなんだ・・・・、私は)

で、今日は久しぶりに、東京の籍があるところから電話が来ました。
来年度以降の契約の書類を送りますと。
やめるからいりません、っていえませんでした・・・・。
やめることはやめるんですけど、今やめるって表明するのは
ちょっとまずいんですよね。
だから、一応受け取って、考えますと返事。
そして、先ほどから今お世話になっている研究室で、
教授と雑談。
あるチラシを見せられました。

まあ、学会のシンポジウムのお知らせなんですが、
私の知ってる人の名前がたくさん載ってました。
当たり前なんですけどね。
私の研究領域に近い人たちのシンポジウムなんで。
教授は私にこれを見せて、はっぱをかけとかないと、とのこと。
要は、少し落ち着いたら、研究して、論文書いて
大学の空きポスト(教官職)につけよ、ということなんですが。
(ずっとある大学に私を推薦するつもりでいるみたいなんです。
断ってるのに~、聞いてくれてない。とほほ)

苦笑い・・・しておきました。
先生、一応やめるって言いましたよね、私。
ほとんどきいてもらってないことがよーくわかるのですが。
今ここで色んな先のプランを表明しても、3月末まで契約が残ってるし
やめることだけは、ちゃんと前々から話してあるから
いいか、と思って流しました。

もう少し時期がきたら、意思表明します。
はあ、なんか自分のこととなると以外にやめどきが難しくて。
なんかどきどきしながら、今講義の準備中です。
後スライド15枚!!
久しぶりの講義なんで、すっかり前回の講義内容忘れてました・・・。
作戦には、戦術と戦略があって・・・って話でした。
自分でやってて忘れてるなんて。
早く終わりますように。
[PR]
by harmony0526 | 2005-01-31 14:44 | 研究と臨床


うえーん

自分の仕事もてんこもりなのに、
まだ卒論生が卒論を出せないので
私の仕事も進みません。
うえーん。

って完全な愚痴ですね、すいません。
一回みたらおわりじゃなくて、次々とまたチェックしてくださいなので
明日の提出日の時間が終わるまで、しっかり拘束されそうです(泣)
今から、ショップで打ち合わせに。
フライヤーも何度か手直しして、また出しに行かなくちゃ。
本当にコピーロボットがほしいなあ。
履歴書を提出したりしないといなかったりするんですが
まだ関連書類も書いてない。やばいです。

教授とのミーティングもぜんぜんできず、このままでいいんでしょうか?
(いや、よくない・・・・)
がんばれ、私。どうにかなるさ。
さて、また動き出しますか。
[PR]
by harmony0526 | 2005-01-26 16:53 | 研究と臨床


頭が痛いです

4人分の卒論と格闘。

頭が痛いです。
もうすでに70枚読んだ時点で頭がオーバーヒートしてます。
自分の論文は100枚以上あったくせにです(苦笑)
立場が変わってみてわかること、
担当教官は今までこんな苦労をしてたのね・・・。ってことで。

フライヤー作ったりとかしないといけないのに、まだっす。
あと来週から専門学校が始まるので、また準備が。
少し休んで、デートに行きたいです
(忙しいくせにデートはしたい)
ってことは、まだ余裕があるってことかいな。
がんばります、私。
[PR]
by harmony0526 | 2005-01-24 19:19 | 研究と臨床

    

‘声’をめぐるつれづれなるままのエッセイ(写真は私の愛する伊是名島からの風景)
by harmony0526
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
marathi ring..
from marathi ringtone
lil wayne ri..
from lil wayne ring..
Fight Song N..
from Fight Song Nav..
Youll Be Und..
from Youll Be Under..
Politik Cold..
from Politik Coldpl..
Forever Your..
from Forever Your G..
伊東美咲 写真・画像・動画
from 伊東美咲 写真・動画 大流出
lipitor online
from lipitor online
bar swinger
from bar swinger
threesome sw..
from threesome swin..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧