all world harmony


<   2004年 08月 ( 97 )   > この月の画像一覧



おいしいごはんと笑顔

今日はひさしぶりに、あるヒーリンググッズを
おいてあるカフェに行きました。
去年、戻ってきたときに友達が紹介してくれた店。
その友人とはよく一緒に行っていたけれど、
もう会えないから、ちょっとつらくてそのお店から
足が遠のいてました。

けれど最近、どうしても‘石’を自分が欲している感覚があるので
自分にあう石があるかどうかを探しに行きました。
ぴんとこなかったので、購入は見送ったけれど、
そこのオーナーさんの手作りのカレーをご馳走になりました。

ちゃんと心を尽くして作ってある料理ってわかりますよね。
野菜がいきてるもの。食材が全部、きらきらしてて
体の中に入っていくと、私の体まで喜ぶようでした。
オーナーさんの笑顔にも癒されて、なんか今日の奇跡を
もらったかんじです。
料理するときや、食事をいただくとき、私は命をいただいて
また命をつむいでいるんだなって思って感謝の祈りをささげます。
ほんの小さなことだけど。
ありがとう。

パワーストーンに関しては、今週の日曜日にイベントがあるから
そこで見つけられればいいなと思います。
木曜日には、クリスタルヒーリングも受けに行くし。
なんだろう、この石に呼ばれている感覚。不思議です。

一番の癒しは、おいしい食事とあなたのとびっきりの笑顔かもしれません。
それがきっとそばにいる人を、あなた自身を癒すのかもしれないです。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-31 23:19 | パワーストーン


久しぶりに

私のいまのお仕事は、病院での検査の他に。

大学生の卒論を見る、という業務が加わりました。
それも4人。もしかしたら、後4人増えるかも知れなくて
8人はいくらなんでも無理です~。
人を指導できるほど、私に指導力があるとも思えないけれど
誰かに教えてもらわずに、一人で論文かけるほど甘くもないので
手を貸すことにしました。私がいる間は、できる限りのことを。
まあ、私も昔苦労したし、できる範囲で教えていこうと思います。

そいで、これまで私が研究してきたことを、明日は4年生に
見てもらうことに。論文とは・・・、実験とは・・・。
このようにするんだよ、ということを教えるためにも。
はあああ。まあ、資料は前に学会で発表したやつ使えばいいんだけど
朝早いんです。朝しか時間が空いてないそうな。
そして、また問題は朝起きられるかということに(苦笑)
人になにかを伝えるときは、できるだけ簡潔にわかりやすく。
そして、にこやかに(朝早いから、余計に難しく思われ)
がんばろう、私。

久しぶりに、発表なんてするから、ちょっと新鮮ですね。
がんばらないと・・・。
朝起きるのを(そればっか)
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-31 22:48 | 研究と臨床


今週の日曜日

今週の日曜日はいよいよ昇級試験!
うおー、緊張する。どきどき。
今日も稽古なんでがんばります。

先日東京でパティシエの仕事をしている友人からTEL。
「日曜日のさー、ゆずのコンサートいくよね?」
「えっ?チケットとれてたん?」
「うん、だから私、日曜日に帰るよ。大丈夫だよね?」
「大丈夫じゃない・・・・」

結局、その私のチケットは、私の妹に行くことに・・・。
ゆずっこの私。よく福岡ではコンサートに行ってました。
昇級試験なんか見送って、コンサートにいけば?
二度と沖縄にこないかもよ、って言われました。
今度のコンサートはライブハウスでだし、
きっと間近でみられるんだろうな。

でも、大好きなゆずのコンサートを見逃しても
昇級試験を受けたいんです!っていうか申し込んだし。
黄色帯になりたいし。
そいでもって、今週の日曜日には、スピリチュアルな人たちが
集まる会合があるみたいで、先程知りました。
もー、どうしてこの日に集中してるの(泣)
でも、これには、審査行く前にちょっとだけ顔をだせそうだから
行ってきます。

とほほ。色んな行事パスしても、がんばってうけたいので
どうにか審査にとおるようにがんばるぞー!!
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-31 18:07 | 雑談


君のそばにいる

さて、お盆の最終日ということで
母親の実家に行ってきました。

沖縄では送りの日のことを
うーくいといいます。
帰ってきたご先祖さまを送るわけですが、
母親の実家には、おじいちゃん、おばあちゃん、
おじさんがもうなくなっていますので、この方たちを送りました。
私は霊は見えないんですけど、伝えたいことというのは
キャッチできるんです。うまく言葉にできないのがもどかしい。
けれど、感じても、いつもほとんどそういったことを口にしないし、
気にならないんですが。
今日は別でした。

私にはおじさんがいました。
もうなくなってどれぐらいたつかな、8年ぐらいかな。
その当時小さかったいとこも、もうすでに中学3年生。
おじさんは、私をとてもかわいがってくれたし、
私がいつも調子が悪かったり、親とけんかして
遊びに行ったときもいつも暖かく迎えてくれました。
性格がやさしくて、人のよいおじさん。
けれど、仕事はうまくいかなかった。いつも借金をして、
人に私の母親達の姉妹に迷惑をかけていました。
それが元で、離婚。
いとこが小さいときに離婚して、彼はおじさんとおばあちゃんが
育てていました。

私はおじさんを思い出すとき、いつもある場面が繰り返し出てきます。
それは20歳の頃、突然精神的なバランスを崩した私は
家族と口がきけなくなりました。
そこで行き場をなくした私は、母親の実家に行くことに。
しばらくとめてほしいと連絡をして、ついたのは夜中の12時。
眠っていてね、鍵は持っているからと伝えてあったのですが
おじさんとその子は起きて待っててくれました。
もちろん夜中なので、私は食事はすませてあったのですが、
おじさんは私のためにラーメンを作って待っていてくれました。

おじさんが作るラーメンが、私たち姉妹は大好きだったのです。
なんの変哲もない、チャルメララーメン。
インスタントメンの上に、玉子焼きやら、わかめやら、コーンがのった
おじさん特製のラーメンを、私たち姉妹は時々リクエストしては
母親の実家に行ったとき食べさせてもらっていたんです。子供の頃。
それを覚えていてくれたんでしょうね。
夜中の12時に私がついた頃を見計らって、あつあつのラーメンが
出てきました。
夜中で、年頃の私は本当は食べたくなかったんだけど、
一生懸命作ってくれたラーメンを涙が出てきそうなのを
こらえながら食べたのを覚えています。
私はラーメンがとても好きで、よく食べ歩きますが
あの時のラーメンに勝る味には、きっと出会えないと思います。
暖かい湯気とおじさんのとびっきりの笑顔。
私は一生忘れないでしょう。

その年の2月、おじさんは急に脳卒中で帰らぬ人となりました。
残された彼は、別れたお母さんの元へと引き取られていきました。
その後、おじさんの一年忌を待つようにおばあちゃんも、おじさんの元へと
旅立っていきました。もう長くはないかもしれないと思っていたおばあちゃんは
ちゃんと一年忌まで済ませてから、その直後に心臓発作で帰らぬ人となりました。
わずか一年足らずで、自分の父親とおばあちゃんを亡くした彼の
心の傷は深かったと思います。
おばあちゃんがなくなったときのお葬式で、久しぶりにあった彼はいいました。
「今度は誰が亡くなるの?今度は誰に僕は置いていかれるの?」と。
その後、彼は私たちと会うのをいやがるようになりました。
つらかったんでしょうね、きっと。

それから八年の歳月が流れました。
事情があって、もうほとんど会えなくなってしまった、
彼と久しぶりに再会しました。私はほぼ8年ぶりです。
お盆のときだけ、この日だけは、父親の実家に行くことを許されるのでしょう。
私の中で、小さな男の子だった彼は、立派な少年の顔に変わっていました。
もう中学3年生だものね。大きくなったね。
はにかんだ笑顔はそのままに、少年になった彼。
またあえて本当にうれしいよ。

今日の夜、送りの行事を行っているときに
おじさんのメッセージを私は受け取りました。
どうしても彼に伝えなくては。ちゃんと伝えるから。
彼が帰る間際に、話をしました。

「あのね、こういってるの。お父さんがね、ちゃんと聞いてね。
ずっとそばにいて、成長を見守ってあげられなくてごめん。
一緒にいて、ずっと力になってあげたかったんだけど、
そばにいてあげられなくてごめんな。
けれど、ずっとそばにいて、見てるから。
話しかけてくれれば、呼びかけてくれればいつでも。
いつでもそばにいる」

そして私は続けました。
「私たちはいつでもあなたのことを思っているし、
忘れたことなどないからね。
いつでも会いにおいで。私たちは、離れているかもしれないけれど
決してあなたは一人じゃない。
おばさんたちも、私たちいとこも、ずっとずっとそばにいるから。
何かあったら、連絡しておいで。
もう少し大人になって、ひとりで行動できるようになったら
いつでもどこにでも一緒に行こうね。
あまり会えなくても、忘れてなどいないから」と。

伝えた後、私の左半身の重さがすーっと取れていきました。
伝わったかな?おじさんの思いは。
私に関わる命をつむいでくれた、ご先祖様。
おばあちゃん、おじいちゃん、おじさん、いつもありがとう。

「君のそばにいる。ずっと。形がなくても。」
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-31 01:17 | ルーツって?


お盆

ここ沖縄では今日がお盆の最終日。

私は霊媒体質ではないんですが(よって霊はみえません)
この時期は体が重くて仕方ないです。
多分チャンネルの問題で、私は霊にチャンネルを合わせようと
思ってないから、見えないみたい。
みようと思えばみれると思うけれど、怖いものがきらいなんで(苦笑)
(霊っていってもエネルギー体なんですけどね)
実家でのお盆はもう本当に何年ぶりかなんですが、
ちょっともう左と右半身の違いがあきらかにあって
困る~(苦笑)

そこで、霊をみたり、感じやすい方。
見えなくなることは多分ないので、
どうしたらよいかの対処法。
私は今、あなたの話をきいたり、みたりはできません。
といってください。
そして、どうぞ光の方向へ返ってくださいと。
私の知ってる精神科医の方が、霊への対処法を話していたんですが
思い出せません。思い出したらUPしますね。

私の場合、いろんな声とかいろんな状況で聞こえてきたり
見えたりするけれど、できないときはできません、って
言ってます。
結局は、すべて私の意志だから。
できることから、少しづつ。
メッセージで降りてきていることはよく感じているけれど
今キャッチできないんで、仕方ないです
(と、今書いているときでもすでに左が重い・・・・)

ちゃんとできるときでいいんだもん。
これって現実にも応用できる気がします。
私は自分のコンディションがあまりよくないときは、
人の話や相談は受けないことにしています。
だって私が真摯に心を傾けられないときは、相手にも失礼だから。
だからコンディションを整えることは本当に大事だな、って思っています。
いつでも、愛の目で世界をみて、捉えられるように
どんなもの、人、存在があいてであっても。
私たちはいつも、本当はひとつだから。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-30 16:48 | ルーツって?


今日の祈り

いつでもあなたのとなりにありますように
私たちは決して離れた存在ではなく
いつも常にひとつであることを思い出せますように

エゴで満たされた、私ではなく
私をみたす愛が私のとなりにありますように

あらゆる瞬間に
私が愛の、光の場所を見ることができますように

たとえさまざまな感情が私を襲い、
凍てついた氷のような場所に私がいると感じているときでさえ

私が私の中の聖なる灯を見失うことがありませんように
聖なる愛の光が私を灯していることを私が忘れませんように
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-30 02:19 | 祈り


ヒーリング

最近、よく去年の今頃のことを思い出しています。
去年の今頃は、ちょうど京都の研究所にいて
仕事をしてた時期。
体調が悪いのを押しながら、どうにか仕事を終えて
東京の研究室に戻らないとな、と思ってたころです。

その当時、私は春から休みがずっと取れない状態が
心身ともにつらい状態でした。
研究所の仕事は短期の派遣だっため、夏休みが認められず
東京に戻ってからも、上が休まないと休めないため
結局休みが取れない状態。
身体的にぼろぼろの状態で、東京の生活に戻った私は
きつい研究生活に耐えられず、仕事でミスを犯してしまいました。
とても周囲の人には迷惑をかけたと思います。
一人でやれる研究じゃなかったから。
今思っても、迷惑かけました。すいません、先生、助手のHさん。

あのころの私に、もし今の私が出会ったら、なんていえるだろうか。
きっと何もいえないだろうな。だって、それも必要なことだったから。
ただひとつ、光の方向を指すだろう。光を教えると思う。
あるから、きっと。自分で見つけてね。って。

私が、ヒーラーの立場で私に出会ったら、きっと違うだろうな。
もし癒しを必要としていて、出会ったなら。
私が抱えている魂の傷や、問題をちゃんと受け止められるような
癒しをきっと考えると思う。話をすると思う。

今、私はたくさんの人と出会うけれど、癒しを必要として
私の前に立っているのか、そうではないのか、
ちゃんと見極めないとなって思っています。

そうでなければ、大変なことになるから。
私には、これを能力といっていいのかわからないけれど
感じる部分があって、見える部分もあります。
けれど、「人は必ずしも自分を癒したがっていない」場合もあるから。
(本当はそんなことないとおもうけれど、今の時点で必要がない。
どんなにつらい状況にその人が置かれていても)

人は、きっとどうしたら幸福になれるかを知っているけれど、
うまくそのように動けない。生まれる前、望んでこの世界に下りてくる前は
知っていることでも、肉体にはいると忘れてしまうこと。
だから多くの(私も含めて)人間の悲しみとして存在するのだと思います。

癒しを必要としている、私が癒しをするものとして
受け入れてくれる人にしか、癒しを私という存在を通して
行うことはできない。
癒しは決して私だけのものではなく、私を通して、私以上の存在が
そこにはいつもあります。私の能力だけではできないから。
私はあくまでも手を貸すもの。
そして、人はそれぞれみんな自分を癒す力があるから。
自分で自分を癒そうと思えないと、
多分どんな癒しも限界があるのかもしれません。

今、癒しが必要なくて、苦しい状況にその人があるのを
みると、正直立ちすくむときがあります。
手を貸そうと手を伸ばすのは簡単だけど、それはできない。
けれど、いつも思ってます。どんな人にも愛がそこにはあって、
いつも愛の波動を送れるように。愛が満ちるように、
その人の愛をかんじて、見てます。
その人がきっと自分で見つけられますように、乗り越えられますように。
私は祈るだけです。冷たい人間でしょうか。

私はまだまだ勉強中なので、今すぐ癒しを行うものとしては
歩けないけれど、どうやって歩いていくのかをちゃんと
見極めながら、日々過ごして行こうと思います。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-30 00:34 | ルーツって?


がーん

あれほど楽しみにしていたテコンドー
岡本選手が一回戦まけ。

がーん。
うえーんって感じです。
でもまたがんばってください。
その舞台に立てただけでも、本当に尊敬に値します!
私もがんばろうっと。テコンドー。
とりあえず、来週末は昇級試験です。
手と足を間違えないように、ちゃんと基本の型をおぼえなきゃ。
そしてちゃんと技の名前を覚えなきゃ。

アプチャギ→前蹴り
トルリョチャギ(廻し蹴り)
ネリョチャギ→かかとおとし
ヒッチャギ→後ろ蹴り

落ちた人などみたことがないと言われているので
かなりプレッシャー・・・。落ちる初めての人にならないように
がんばります。受かったら報告します、だめなら聞かないで(苦笑)
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-29 19:06 | 雑談


うまく伝えられなくて

ここのところ、ずっと調子が戻ってこないという感じが
ずっと続いています。
身体的にも、心もちょっと疲れているなって言う感じだと
思ってました。考えてみると、一ヶ月間、ずっとそうです。
八月に会いたいと思っていた人たちにも、結局会えなかった。
まだその時期じゃないんだろうな。
多分精神レベルが一緒の時期にならないと会えない気がしてます。
来月に入ったら、また新たな展開が私を待っているようです。
うまくいえないけれど、多分そんな感じがする
新たな出会い、新たな導きがある感じ。

断片的にいろいろつかんではいるんだけど
うまくキャッチできない。
キャッチできないから、調子がわるいのか
調子が悪いからキャッチできないのか
よくわからないけれど、多分今その時期じゃないから
受け取れないんだろうな。
でも、私の周囲をぐるぐる回っているのはわかります。
ごめんね、ちょっと待っててね
(誰に話しかけてるのだ、私)

こんなこと書くと、本当に怪しい人みたいですね。
でもちゃんと現実を生きてますから、敬遠しないで~(苦笑)
本当はもっと書きたいことがあるんだけど、うまく言葉になりません。
魂のこと、自分のなかにある今の自分以外の存在のこと、
魂の傷がもっているもの、意味すること。
少しでも伝えられたらいいのに、そしてそのことで
なにか気づけることがあったら、分かち合うことができたら。
私がずっとその機会を待っていたように。
どこかで待っている人がいるのなら。

けれどまだ語れないみたいです。
まだその言葉を私自身が持ってない。
だから、伝えたいと思ったときと、その言葉を持ったときに
私の内側からすっと自然から出てきたときに書きたいと思います。
いつも私のつたない文章を読んでくださっている皆さん、
本当にありがとう。

うまく伝えられなくてごめんなさい。もう少し待っててね。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-29 00:34 | ルーツって?


共鳴する感覚

今、渡辺満喜子さんのヴォイスヒーリング、魂を癒す歌を読んでます。

私と渡辺先生との出会いは、一冊の雑誌。
コンビニにあった、前世療法と書かれていた雑誌でした。
私はその当時は、もうすでに前世というものが
自分ではっきり見えていたし、理解していたけれど
一般の雑誌にまでそれもコンビニにおかれるようになるとは
世の中の空気も変わってきたんだなと思ったのを覚えています。
その雑誌をパラパラみていたら、ヴォイスヒーリングのページを見つけたのです。
その記事には、ヴォイスヒーリングとはどんなものか、
また簡単なヒーリングの仕方と、渡辺先生の略歴が書かれていました。

私はその頃、整体を習っていて、整体の先生から
ヴォイスヒーリングをやってみたらどうかといわれていたので
その渡辺先生の記事に興味を持ったのです。
私は人の身体を触ると、調子がわるい(つまり気が滞ってるところ)の
音が聞こえてきます。大抵気が滞っているところの身体の音は
低音で、私が歌うことで徐々に高音にあげていき
調整をするというやり方をとってました。
もちろん、自己流ですよ。

そして、その記事を見かけた直後、私は渡辺先生にメールをだしました。
沖縄でセッションをやる予定はないのですか?と。
できれば、ヴォイスヒーリングをやってみたいのです。と
そしたら、返事が来て、その後私は渡辺先生のセッションをうける機会に
恵まれました。

渡辺先生にメールを書いてから、実際にヴォイスヒーリングを受けるまで
私自身の精神的危機はピークを迎えていました。
実際に愛する友や愛する人との突然の別れは、ものすごい混乱を
もたらし、どのようにその時期を乗り越えたのか、未だに記憶がありません。
ただ、這うようにして、生きながらえ、東京までセッションを受けに行きました。
しかし、これだけの混乱があったからこそ、それをどうにか乗り越えようと
していたからこそ、ヴォイスヒーリングを受けに行くことができたと思います。

東京で初めて渡辺先生に会った瞬間に、お母さん、と私の内側から声がしました
最初に何時間かお話させていただきましたが、まさか私が感じていることを
話すわけにもいかず、セッションに入りました。
セッションに入ったとき、私の内側から、
「ようやく会えましたね、お母さん」と言われていると、渡辺先生に
言われたとき、ああ、私の感じていたことは間違いではなかったのだと思いました。
そのとき、私は歌を声をつかって太古の昔から人を癒す仕事についていたことを
思い出し、様々な魂の声をきき、傷をみたのです。
それはまるで眠っていた感覚が呼び覚まされ、そしていったん停止してしまうと
いうかつてないほどの体験が私を待っていました。

まだ2回しか受けていないけれど、私はこのヴォイスヒーリングを通して
自分と他人とを癒していくようになるでしょう。
それはまるで予定されていた道のようです。
ようやく長い道のりをへて、私がすべき道に戻ってきた感覚です。
長い魂の旅が次の段階に入ったのだと、確信したときの安堵感と
そしてこれまで封印してきた深い悲しみと絶望、
自分に対する愛の気持ちが満ちてきました。

今この本を読みながら、まるで私が旅をしているような
母の体験を娘の私がしているような不思議な感覚に襲われ
涙が止まらなくなってしまいました。
そして新たに私の中での魂の声がするようです。

まるで何かに導かれているような、不思議な共鳴するような感覚。
これから、また新しく道が開かれていくのでしょう。
私は自分の身体をめぐる声に耳を傾けながら、
命の根源より歌が生まれるのを聞きながら、
それを他人と分かち合って生きたいと思います。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-28 23:40 | ヴォイスヒーリング

    

‘声’をめぐるつれづれなるままのエッセイ(写真は私の愛する伊是名島からの風景)
by harmony0526
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
marathi ring..
from marathi ringtone
lil wayne ri..
from lil wayne ring..
Fight Song N..
from Fight Song Nav..
Youll Be Und..
from Youll Be Under..
Politik Cold..
from Politik Coldpl..
Forever Your..
from Forever Your G..
伊東美咲 写真・画像・動画
from 伊東美咲 写真・動画 大流出
lipitor online
from lipitor online
bar swinger
from bar swinger
threesome sw..
from threesome swin..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧