all world harmony


カテゴリ:ルーツって?( 82 )



メッセージ

私に降りてきているメッセージ

「世の光として愛しなさい

あなたはこの世の光

すべての人に愛を注ぎなさい
愛しなさい
愛しなさい

愛とはそこにあるもの
存在するもの

分かち合いなさい」

もっと他にもメッセージがあるのでしょうが、
これ以外うまくキャッチできません。
でもこのメッセージは、私だけじゃなくて、
きっとみんなに届いているもので、私は伝える役目を担っていると思うから
ここに紹介します。

あなたはそこにいるだけで、存在するだけで光の存在です。
あなたの光を誰かが見ています。
そしてあなた自身に感じて欲しい、あなたの光を。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-08 18:34 | ルーツって?


ぼんやり

ここ最近の私を言葉で表すとしたら、
「ぼんやり」かな・・・・。

なんか身体と自分のスピリットがぴたって合っている時は
色んな事がクリアーなんだけど、
どうもそれがずれているような気がして、別にとりたてて
ひどいことになっているわけではないんだけど、
ちょっと感覚的になんか「ぼんやり」だなあ、って感じです。

抽象的すぎてごめんなさい。

感じとしては、ちょっと自分が遠いような、そんなかんじです。
だからといって問題が発生しているわけでもないんですが。
多分、いろんなことがクリアーすぎると私の容量を越えるので
少し停滞させているんだと思う。
最近、自分の精神のキャパが急激に大きくなり、
いろんなことがわかる分だけ、たくさんのことを色々入れすぎて
ちょっと疲れているんでしょう。

ただ、自分の時間をとらないとだめなのはよーくわかるので
祈りの時間や、自分と話する時間をとってます。
ぼんやりできるのもそうそうないから、これも神様の贈り物だと思って
受け止めていこうかな。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-08 18:18 | ルーツって?


こだわり

これまでの私はいつもあまりこだわりを持たないように
生きてきたつもりです

去るものは追わなかったし、
来るものは拒まないようにしてた
(といっても、来る人なんてそうそういないけれどね)

人にこだわるなんて、とんでもなかった。
だって、こだわればこだわるほど、痛い目にあうから。
それは恋人であれ、友達であれ、みんなそうだった。
手元にいるのは、別に私がこだわったからじゃない。
いつでも、特にこだわらないつもりで、接してきました。
表向き、そうは見えなくてもね。
ちゃんとさびしがっていたし。そのさびしさも、覚めた目で。
そんな私がまったく正反対になるほどの人たちに出会ってしまった。

でもどうしてだろう、こんなにこだわりたいと思う人がいるのは。
時間が経てば経つほど、気持ちって落ち着くもんだと思ってた。
だから、どんな痛みも長くは続かないって知っているし、
どんな感情が私を捉えても、嵐が過ぎるのを待てばいい。
今はそう思える。ちゃんと2本の足で立っていられる。

それでも捉えられて離れられない。
その人に、というよりも、その魂に。
多分、私はどこにいても何をしてても、形が変わっても
見つけられるだろう。時間を越えなければならないなら、
私はその時間も苦しいけれど、越えていくよ。
想いは深く奥深いところに浸透していっているようです。
ある意味、私は幸せなんでしょう。
これだけ、こだわれる魂に出会えたんだから。

あーあ、しょうがないな。
どうしてこんなにすきなんだろう。
まあ、何千年もの時空を超えてやってきたんだから
もう60年ぐらいは我慢なのかもね(苦笑)
今回が無理なら、次回で。
それまで一人なのかな、うーん。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-07 21:54 | ルーツって?


人を癒すということ

私は人を癒す仕事につきたいと思っています。
昨日、あるヒーラーの方にお会いしてきました。
私は定期的にこの方とあって話をしています。
また渡辺先生とも、先日お会いしたばかりなので、
人を助ける(癒す)ということについて、少し書きますね。

私自身が、研究者というがちがちの学問の世界から
ヒーリングという一種怪しげな?(私はそう思ってました)世界に
足を踏み入れたのは、ある出会いがきっかけですが、
それを機会に私の人生は大きくほぼ270度ぐらい?変化してます。
360°にすると、戻ってくるので、270°にしてみました(聞いてないって?)
最近、私のところには今までとは考えられないぐらい、
私に話を聞いてもらいたい、という人が現れてくるようになりました。
おそらく私自身の精神的な開きと安定がある程度進んできたので
多分人がくるようになっているんだと思います(と、先日言われましたし)

私自身経験がありますが、精神的に調子が落ちたり
病気になっていたりすると、どうしても助けてくれる人、共感してくれる人に
全面的に意識が向いてしまう場合があると思います。
なにか、宗教的なものにはまる、というのはここに原因があるかもしれません。

これはヒーラーに限らず(私は病院で働いてもいるので)
人を助けたり、癒したりする人が陥りがちなのが、
「対象の人をコントロールする」ということです。

・私が治してあげる
・私が癒してあげる
・私が助けてあげる
・私が教えてあげる

この「私が」が、厄介なわけです。
私が、というのはエゴに基づいていて、この場合、コントロールをしようという働きが
強く働きます。

私は、人を癒すことに一番大切なのは、ヒーラーの力でもなんでもなく、
その人自身が、内的な自分の力に気がついて、自分を癒すことだと考えています。
(これはもちろん、臨床心理学の分野でも、カウンセラーの基本的な姿勢だと
言われていますが)
私は病んでいる人や苦しい人に対して、光の道を示してあげることはできますが、
光の道はその人自身しか歩めません。
光があること、あなたの存在は愛であること、ありのままのあなたでいいことを
気がつかせる、伝える手伝いしかできないと思っています。
心が安らかになる手助けをすること、それしかありません。

よくお会いするヒーラーの方も、渡辺先生もおそらく「能力」という点では
すばらしいものを持ってらっしゃいます。
すごいなあ、って素直に関心してしまいますもん。
ただ、一番人としても、ヒーラーとしてもすばらしいのは、
決して強制せず、「私」を主張しないこと。
あるべきは、対象である、「あなた」の心の声にじっと耳を傾ける。
その姿勢にいつも、胸をうたれます。

人の心の隣にありたい、いつもそう思っています。
人の心の隣にあって、光を、愛を共に感じられるために
私は修行して、私が見える部分で、わかる部分での
「能力」を生かせればいいなと思っています。
けれど、必要なのは「能力」なんかじゃない。

必要なのは、誰に対しても、「すべての人の本質は、愛」で
必ずその人自身が自分の力で光を愛を見つけられるんだ、って信じること。
そんなヒーラーになれたらいいな。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-04 13:09 | ルーツって?


あなたの名前は

私の名前はごくごくありふれた名前です。

その上、姉妹みんなに同じ一字が入っていて
すごく紛らわしい。
だって、うちの親、誰か一人を呼ぶときも
三人まとめて名前を呼びますからね。
せめて、別の名前にしてくれたら・・・と思ってました。

私の名前の第一候補は、まいこ、っていう名前だったそうです。
でもその名前はぼつ。だって、まいっていう語が父の出身地では
方言で、「お尻」を表すらしく、母の希望は
あっけなく却下されたらしいです。
たしかに、子供の名前がそんなんじゃあ、父はいやだったでしょう。
かわいいと思うんですけどね。
でも私はまいこ、って感じじゃないかも。
この名前にふさわしいほど、かわいくはない(苦笑)

名前に入っている文字は、希望を表す文字です。
いつも、希望をもって人生を歩めるように、ってつけたのよ、
と両親は話してました。

親との関係がうまくいってなかったり、私も経験がありますが
どうしても乗り越えられない葛藤を親と抱えているとき
とてもつらく、何かある時にふっと出てくる場合があります。
許せない思いや、自己肯定感を持つのが難しくて
自分で自分を受け入れることが難しかった時期がありました。
つい最近まで。

子供のころのインナーチャイルドを癒していく必要がたぶんあるんだと
思いますが、今日、親が子供に名前をつける、という行為を考えたとき、
きっと、どんな親も、自分の子供に名前を付ける瞬間は
考えている瞬間は、いろんな思いをもって
その子の人生が幸あるようにと名前をつけたのではないかな、と
思いました。

どんな親も子供に未来を感じて、未来がすばらしいものにあるように
願って名前を付けた瞬間があるのではないかと。
私はそう信じています。

お父さん、お母さん、この名前を付けてくれてありがとう。
私はこの名前が大好きです。
[PR]
by harmony0526 | 2004-08-01 20:36 | ルーツって?


魂のプラン

下の記事えらそうですね~、書き方が
いきなりきて、あれみたら、何じゃこのブログって思うでしょう。
私が思うぐらいですから(苦笑)

でも本当のことです。
愛することを、愛されたいと思う自分を受け入れて
愛にあふれた存在に、愛をたくさんの人と共有できる人生を
送りたいんです。

過去世の話をあまりしてきませんでした。
あんまり突拍子なことを書きたくなかったし
どこまで話してよいのかわからなかったので
触れてきませんでした。
でもここでちょっと話をしたいと思います。

私がわかっていることは、私の魂は何度も転生を繰り返しているという事です
一番初めに思い出したのは、神官をやっている過去世です。
いくつか思い出している中では
神官になっている過去世は何度もありますし、また戦士だったり
軍人だったり、お姫様だったり、人を癒す仕事についていたり、
思い出しているだけでも、数え上げたらきりが無いです。

思い出している中で、人を殺したり、殺されたり、
絶望の中で死んでいたり、また自分の領地の領民を守れなかった後悔や
役目の重さに自分を表現できなかった苦しさ、
愛というものがなんなのかわからずに苦しんだ思い等、
色々ありました。
もちろん、楽しく暮らしている場面もありますし、
すでに過去世で自分の母親だった人や兄弟、友人、配偶者だった人等とも
出会っています。

これからのはなしは信じられない話でしょうし、受け入れがたい話かもしれません。
ただ、私自身、絶対にやってはいけないことを過去世でやってきたし、
(例えば戦士だった頃、人を殺したり)
絶対に許しがたいと思われるような経験を過去世でしています。
だからなんだ、って思われるでしょうが、
魂はそういったことを経験し、またそのようなひどいと思われる役割を
担う経験をするために、転生を繰り返している場合があるのです。
だから、ひどいことをしたという人をみたり、
ひどいことをされたという人を見たりするとき
もちろんその行為自体は許されるものではないかもしれないけれど、
魂がもってうまれたプランであるかもしれないと、私は思うときがあるのです。

許し、許されるというプロセスは時間という概念を超えています。
私の魂は、罪悪感でいたんでいました。
人を傷つけたという罪悪感、自分のやるべきことができず
人を見殺しにしてしまったという思い、許せない思いでいっぱいでした。
そして、今世は、今までの傷つけられたという経験だけでなく、
人を傷つけた自分を許せるのか、という究極的な問いから
「許す」というプロセスを学ぶ時期にあるようです。

私は愛するということがどうゆうことなのかわからずに
苦しんだ自分の魂の傷を流したいのです。
それには、魂に刻まれた罪悪感を流し、
愛することを学びたいと思っています。
これが、私が許しにこだわり、愛することにこだわる理由です。

自分を愛せないのに、人は愛せません。
自分を癒せないのに、人を癒したりは出来ない。
私は人も、自分も愛し、癒していきたいのです。
地球は次の段階に入っています。その次の段階で、
私は愛することを、愛をみんなとわかちあっていければなと思っています。

しかし、こんなこと言って、大丈夫だろうか・・・・。
突拍子がないと思われた方、たくさんいるだろうな。
でもこれが、私のリアリティなんです。
[PR]
by harmony0526 | 2004-07-29 16:51 | ルーツって?


身体表現とジェンダー

a0025868_1650234.jpg


最近では、女性が脱ぐということについて(ヌード)
肯定的に受けて止められていると思います。
宮沢りえのヘアヌードが出た時、中学生だった私。
あれは結構衝撃的だったけれど、美しくてびっくりした記憶があります。

このテーマは、私が以前大学で違和感をテーマに発表した記事を
元にしてます。感性と違和感というテーマですけれど。
NUDE(ヌード)の語源は、そもそもラテン語から来ています。
意味は 「人間が衣服を着ていない状態」を表す言葉で、
元々性別とは無関係ですが、
ヌードと聞いて、男性のヌードを思い浮かべる人ってどれぐらいいるんでしょうか?
多くの人は、女性のヌードを思い浮かべると思います。
一般的にヌードという場合に,「男性の」と銘記しても
「女性の」と書いてあるものはほとんど存在しないですよね。

基本的に芸術は、中性的(すなわち性を感じさせない)であり、
写真という表現形式を使う場合、「見るもの」「見られるもの」という関係性が存在します
写真による身体表現を考えると・・・・・
 ・誰が表現し,
 ・誰が表現され,
 ・誰が眺めるのか,が重要になってきます。

男性側(見る側)、女性側(見られる側)の図式が存在してくるわけです。

あ、でもこれ長くなりそう。どうしようかな。
興味ある人がいれば書きます。

内容としては
1)ヌードの語源
2)誰のためのアート?
3)ヌードの定義
4)誰が撮る側で撮られる側か?
5)美の基準と男性身体像
6)ありふれた男と太った女
7)社会的に規定されるジェンダー

っていう感じで進んでて、なんで書こうと思ったかというと
私たちは知らない間に、自分の身体に関する表現や
美についての定義を社会的に影響を受けている場合が多いのと
それによって自分達の美や身体について、自分達で抑制をかけてたり
する場合が多い気がする、ということを言いたかったわけです。

男性ヌードが少ないわけとか、男性と女性ではヌードを撮る視点がちがうとか
個々人で顔や性格なんて違うってことはわかっているのに、
身体像に関してすごく画一化されたメッセージを受け取っているとかを
ヌードを通して書こうかなと。

皆さんもちょっと考えてみてください。
私たちの受け取っている美しいとされる身体って画一化されてないですか?
[PR]
by harmony0526 | 2004-07-27 16:51 | ルーツって?


メッセージ

a0025868_14361341.jpg

島の話2.

私の父方の家系は、元々カミヤ-と呼ばれていて(多分、字は神屋と書く。
方言で、神様のことをする家、神様がいる家のこと)、
要はその地区というか島の神事を執り行う事をしていたようです。
実は最近まで知らなくて、このことを知ったとき、なるほどね・・・って
思ってしまいました(だって、元々こんな家系だったんだったら
色々感じるのは当たり前のような気がしません?)

その神屋はひとつだけじゃなくて、いくつかあったようですが、
それをある場所に統合してお参りできるようにする落成式があって
私はそれに親族として参加することに。
見事なまでに右半身の重さは消えましたね(苦笑)
手を合わせているとき、「がんばりすぎないでいいよ、大丈夫だよ。
ちゃんと一緒にいるからね」って言われてびっくり、泣いてしまいました。
「大丈夫、ちゃんとうまくいくよ。愛をずっと注ぎ続けなさい」って。
うえーん。

そして、龍神洞へ。龍神がまつられている洞窟があるんですが、
何故かずっと私の中に白い龍神がでてくるので、先月探していきました。
地元の人は龍神の伝説なんかないし、そんなところ見たことないって
行ってたんですけどね。ありました。今回は2回目。
そこいって手を合わせて、感謝の気持ちを述べてお参りしました。
「時間はかかるかもしれないけれど、ちゃんと待ちなさい。
愛をあきらめないこと。愛はそこにあるもので、注ぎ続けなさい。
私はいつもそばにいるから。」って。
泣きました。もう泣きっぱなし。

ちゃんとメッセージはあったようです。
私の中に、愛を表現すること、もち続けるという行為について
やっぱり不安がまだあって、
拒否されたり、受け入れてもらえないかもしれないって
どっかで思っていて、それが根底にあるんでしょう。
愛することについて、愛について本質が知りたいと願っているから
そこをどんなことがあってもあきらめてはいけないという
メッセージだったような気がします。

あきらめずに、くじけずに、苦しくなっても
私が忘れませんように。どうかどうか。
愛することが愛を受け取ることだということを、忘れませんように。
自分の中に愛を感じ続け、本質は愛だということをいつも理解できていますように。
メッセージを素直に受け取って、実行できるといいな。
(写真は海ギタラといって、この岩の近くに龍神洞があります)
[PR]
by harmony0526 | 2004-07-22 14:38 | ルーツって?


明日島へ

明日父方の親戚の神事の件で、私も島へ行くことになりました。

私の父は沖縄の小さな島の出身です。
小さい頃行ったきりで、それ以来ほとんどいくことがなかったんです。
それが、先月久しぶりにその島に足を踏み入れました。

自分を見失い、人も傷つけぼろぼろになっていた時、
あるヒーラーの方に出会ったとき、一言だけ
「父の出身の島へ行きなさい、そこにメッセージがある」と
いわれて、しぶしぶいきました。
もう本当にわらにもすがる思いで。

そしたら、ずっと私が繰り返し繰り返し夢の中で、
またあるときふっと浮かぶ映像が、その島にあったのです。
私のルーツはそこでした。ずっとずっと探していた場所。
メッセージもちゃんと受け取って、初めて自分の生きる目的を
知ったような気がします。

年に何回かいこうと思ってはいたんですが、まさかこんなに早く
いくことになるとは(笑)
多分また、私が気がつかないといけないことがあるんでしょうね。
その証拠にずっと右半身が重いんですよ。
ご先祖様関係は右半身だという話を先日聞いたので、これでしょう、多分。

明日島へ行きます。私につながる命がたくさん眠っている島。
感謝して、そして人も少ない星がふる海辺でたくさん歌を歌いたいと思います。
帰ってきたら島の報告をしますね。
[PR]
by harmony0526 | 2004-07-20 20:47 | ルーツって?


迷ってばかり

迷ってばかりです

自分の気持ちの袋小路に入ったら、
もう二度と出れない気がする。

すっとポジティブシンキングなんかじゃいられないよ。
心の中は嵐なのに、どうやって?

どうしてこんなに苦しいの?
どうして、どうして、どうして・・・・。

いくら問いかけても答えは出てこない
もともと答えなんてないかもしれない。

ただ、楽になりたい。楽しくなりたい、幸せになりたい。

どうやって?

すぐには答えは出ないかもしれない。
ずっと苦しいままかも。

それでも歩くんだよね、歩いていくんだよね。
大丈夫、大丈夫。私がついていくから、私のまんまで
私がついていこう。
深呼吸して、私のために働いてくれている身体に感謝して。
苦しくても一緒にいてくれる私の魂に感謝して。

今日も歩いていくんだ。
[PR]
by harmony0526 | 2004-07-12 19:54 | ルーツって?

    

‘声’をめぐるつれづれなるままのエッセイ(写真は私の愛する伊是名島からの風景)
by harmony0526
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
marathi ring..
from marathi ringtone
lil wayne ri..
from lil wayne ring..
Fight Song N..
from Fight Song Nav..
Youll Be Und..
from Youll Be Under..
Politik Cold..
from Politik Coldpl..
Forever Your..
from Forever Your G..
伊東美咲 写真・画像・動画
from 伊東美咲 写真・動画 大流出
lipitor online
from lipitor online
bar swinger
from bar swinger
threesome sw..
from threesome swin..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧